未分類

その肌荒れ、体調不良、もしかしたら小麦粉が原因かも?今話題のグルテンフリーとは?

グルテンフリー

日本でも近年話題になっているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

小麦粉などの食べ物に含まれている成分であるグルテンですが、人によっては肌荒れや体調不良などの原因になる可能性があるのです。

ではグルテンとはいったい何なのか、グルテンフリーによってどのようなメリットがあるのか、考えていきたいと思います。

一条隼人
一条隼人
グルテンフリーは美肌やダイエット効果など美容面でも注目されているんです。そんな気になるグルテンフリーについて一緒にみていきましょう。「美」へのヒントが隠されているかもしれません。

グルテンって何か知っていますか?


グルテンというのは比較的よく聞く言葉なので、なんとなく知っている方も多いのではないでしょうか?

ですがグルテンが具体的に何かと言われると、わかっているようでわかっていないことも意外と多いようです。

グルテンとは、「弾力はあるが伸びにくい性質のグリアジン」と「弾力は弱いが粘着力が強く伸びやすい性質のグルテニン」という二つが合わさったもので、小麦や大麦、ライ麦などの麦に含まれているたんぱく質の一種です。

種類にもよりますが、小麦粉にはたんぱく質がおよそ6~15%含まれていると言われています。

そのたんぱく質のうち、およそ85%を占めているのがこのグルテンなのです。

グルテンフリーが体にいいというと、グルテンが悪者のように感じるかもしれませんが、そうとは限りません。

グルテンの体への影響は人それぞれです。

その上多くの小麦粉を用いた製品は、このグルテンの性質を用いて作られているので、小麦粉製品のおいしさのカギにもなっているのです。

グルテンが含まれている食品

では具体的にどのような食材、どのような食品にグルテンが使用されているのでしょうか?

グルテンが含まれているものの代表としては、大麦や小麦、押し麦、丸麦、ライ麦などの雑穀です。

意外なところでは、。ソラマメなどの豆類にもグルテンは含まれています。

これらの食材を使用した食べ物としては、小麦粉をメイン材料として使用したとしたパンやパスタ・うどん・ラーメンなどの麺類、ケーキ・クッキーなどのスイーツが挙げられます。

小麦粉を調理の過程で使用しているのは、揚げ物などの衣、一見衣のないフライドポテトや空揚げなどの揚げ物などです。

麦の形は残っていなくても麦を原料としているものとしては、醤油(グルテンに関してはさまざまな意見があります)、ビールなどがあります。

他にも乳化剤や防腐剤などの添加物として、薬やサプリメント、加工肉のつなぎ、安価な食品の量を増すために添加されていることも多くあります。

普段口にする多くの食品に、実はグルテンが含まれているです。

グルテンが含まれているのは食品だけじゃない

グルテンというと食べ物だけを思い浮かべる方も多いと思います。

ですが実は、グルテンは食品だけでなく、化粧品の中にも含まれていることがあります。

気になる方は、成分表示を詳しくチェックしてみてください。

小麦由来の成分には、「(小麦)」と記載することが定められています。

グルテンはさまざまな化粧品に含まれており、シャンプーなどのヘアケア製品、乳液やクリームなどの基礎化粧品、口紅やマスカラなどのメイクアップ用品、入浴剤などその種類は多岐にわたります。

主に、とろみをつける目的で使用されることが多いようです。

化粧品に含まれるグルテンは加水分解されているため、食品に比べてアレルギーは起こしにくいと言われています。

一条隼人
一条隼人
こんなにたくさんの食品・製品にグルテンが入っているんですね。化粧品を使って肌トラブルがある人は、パラベンやアルコールなど肌に刺激のある成分とともに、小麦粉が原因でないか考えてみる必要がありそうです。

グルテンフリーの基準とは?

ここまでグルテンについて詳しく見てきました。

私たちの生活に、実に深くかかわっているグルテンですが、グルテンフリーにはどのような基準があるのでしょうか?

グルテンフリーとはつまり、グルテンを除去した製品のことですが、世界的に定められた共通の基準はありません。

グルテンフリーに関しては、国や機関によってそれぞれの基準があります。

ここでは、代表的な基準をご紹介しましょう。

グルテン含有量20ppm未満

アメリカやヨーロッパでは、多くがグルテン含有量20ppm(1kgあたり20mg)未満を採用しています。

この基準を採用している主な機関としては、コーデックス、FDA(米国食品医薬局)、カナダ保健省、EU連合、FSA(英国食品基準庁)などが挙げられます。

ヨーロッパでは、100 ppm未満であれば、「超低グルテン食品」と表示できますが、乳幼児向けの食品にはグルテンフリー食品・超低グルテン食品ともに使用が禁止されています。

グルテン含有量10ppm以下

非営利公益法人GFCO(グルテンフリー認証機構)は、アメリカでもっともグルテンフリーの基準が厳しい認証機関と言われています。

このGEFOには、27か国700以上の企業が加盟していますが、グルテン含有量が10ppm以下であることを認証の基準にしています。

認証されるとGFCO認証マークを使用することができます。

日本のグルテンフリー表示

日本には今までグルテンフリーの表示基準がなかったため、どれだけのグルテンが入っていてもグルテンフリーと表示することができました。

現在は、米粉と米粉を使った製品限定でグルテン含有量が1ppm未満であれば「ノングルテン」と正式に表示できるようになっています。

この基準は、欧米の主要な基準値である20ppmよりもかなり厳しい基準ということができます。

一条隼人
一条隼人
グルテンフリーと表示して価値を高めているだけの製品もあるので要注意ですね。そのような表示に惑わされず、しっかりと内容まで自分で確認することが大切です。

意外と知られていない、小麦粉がもたらす病気や体調不良

小麦粉による体への影響というと、食物アレルギーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

実は、小麦粉がもたらす体への悪影響は他にもあるのです。

ここでは、そんな小麦粉による病気や体調不良にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

グルテンが体に強い悪影響を及ぼす疾患

小麦粉が原因の病気として重篤なものに、セリアック病があります。

セリアック病とは小麦粉による自己免疫疾患で、摂取したグルテンが免疫システムを刺激してしまい、体内に抗体を作り出してしまいます。

その抗体によって小腸粘膜を損傷してしまうため、グルテンを完全に除去した生活を余儀なくされる病気です。

小麦粉による体への悪影響として、セリアック病に次いでは小麦アレルギーが挙げられます。

食物アレルギーは大人よりも消化器官の未熟な子供に多く成長に伴い改善する場合が多いです。

ですが中には大人になってから、急に発症する場合もあります。

症状としては、皮膚のかゆみや口やのどの不快感、蕁麻疹、下痢や嘔吐などに始まり、重篤な場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

他にも、食べてすぐは症状がなくても、数時間~数日後に、発疹やニキビなどの肌荒れ、気分の落ち込みやめまい、頭痛などが起こる場合もあります。

グルテンが体に合わない場合

先ほど出てきたアレルギーほどではないものの、小麦を食べるとなんとなく体調が悪いという人もいるようです。

このような小麦粉が原因となる体調不良は、グルテン過敏症やグルテン不耐症と呼ばれています。

他にも特定の原因が見当たらないのに下痢や腹痛などが続く過敏性腸症候群は、今まではストレスが原因だと考えられていましたが、小麦などに含まれる特定の糖質が原因だという説もあります。

これらのような症状の場合、病気とされることはありません。

ですがグルテンが体に合っていない以上、グルテンを除去することで改善することが期待できるのです。

一条隼人
一条隼人
グルテンが原因となる体調不良はたしかにあります。肌荒れもその一つ。ですがそれがグルテンによるものだと断定するのは、とても難しいのです。

グルテンフリーが注目される理由とは?

グルテンは、たしかに体に悪影響を及ぼす可能性がある成分です。

ですがそれはグルテンに限ったことではなく、多くの食品に同様の可能性があるものです。

ではここまでグルテンフリーが注目されているのはなぜでしょうか?

グルテンフリーが注目されるきっかけは、ハリウッドセレブやスポーツ選手が実践していたことでした。

これは、あくまで注目されはじめたきっかけにすぎません。

グルテンフリーがここまで注目される理由は、「多くの人に大なり小なりなんらかのメリットがある」ということなのです。

グルテンが原因となっている体調不良を防ぐ

グルテンを除去することで、グルテンが原因で体調不良になっている場合は、それを改善することができます。

ですがグルテンが体調不良の原因になっている人の割合は、5%程度という説から日本人の80%という説までさまざまで定かではありません。

そのためすべての人がグルテンを抜いた生活により、体調不良が改善するとは限らないのです。

ダイエットにも適している

グルテンフリーがここまで注目されるもっとも大きな理由は、ダイエット効果があるということでしょう。

小麦粉を使用した製品の多くは、油や砂糖、塩分を多く使用しています。

油や砂糖を多く含む食品としては、ケーキやクッキーなどのスイーツがその代表です。

他にも、一見油を使用していないように思われるパンですが、種類によっては多くのバターを使用しているものもあります。

またパスタやピザ、ラーメンなど小麦粉を主原料としたメニューはお米中心の食事に比べると、カロリーの高い食品ということができます。

そのため小麦粉製品を控えるということは、つまり高カロリーの食品を控えることに直結しているのです。

つまりダイエット効果が期待できます。

また小麦粉を使用した製品を減らすことで、必然的にお米を食べる割合が増えます。

お米は小麦粉製品に比べて、消化が穏やかで腹持ちもいいため、結果的に摂取カロリーも抑えられることとなり、ダイエット効果は更に高まるのです。

グルテンフリーがもたらすさまざまな効果

他にも、グルテンフリーによる嬉しい効果はいくつかあります

グルテンの働きを調整するためには塩分が必要不可欠です。

そのため小麦粉を使用した食品には一定量の塩分が含まれており、知らず知らずのうちに塩分を過剰に摂取してしまっているのです。

塩分摂りすぎると、頭痛やお腹の張り、むくみなどの不調が現れます。

小麦粉製品を減らすことで、同時に塩分摂取も減らすことができ、体調の改善につながるのです。

他にも、小麦粉は栄養価が高く、小麦粉を口にすると一気に血糖値が上がると言われています。

血糖値の急激な上昇は、精神的に不安定になる、体が冷える、新陳代謝を乱すなど体にさまざまな悪影響があります。

これらが体調不良の原因となっている場合には、小麦粉の摂取を制限することで結果的に体調が改善することがあるのです。

一条隼人
一条隼人
油分の摂りすぎは、ニキビや吹き出物の原因になります。

また新陳代謝が悪くなると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、肌トラブルにつながります。

ちょっと待って!小麦粉が悪とは限らない

グルテンフリーがここまで注目されると、小麦粉が体に悪い食品のように感じてしまうかもしれません。

ですが小麦粉は、B1・B2・E・パントテン酸・ナイアシンなどの多くの種類のビタミン、リン・カルシウム・鉄・カリウム・ナトリウム・マグネシウムなどのミネラル類など体にとって大切な成分を多く含んだ食品です。

そのため小麦粉を除去した生活というのが必ずしもいいとは限らないのです。

まずは2週間試してみる

体調不良の原因が小麦粉にあるのか、自分がグルテンに弱い体質なのかどうかを知るためには、まずは一定期間グルテンを除去した生活を試してみるのが一番です。
この場合、小麦粉を完全に除去する必要はありません。

まずはパンやパスタ、うどんやラーメンなど、小麦粉をメインとする食事を控えてみましょう。

また小麦粉を原料とするものとして、忘れてはいけないのがビールです。

人によっては小麦粉の摂取を制限してから数日で体調の変化を感じることもあるようです。

なんらかの体調の変化が見られた場合には、もう少し詳しく何が体に影響を与えていたのかを考えてみましょう。

小麦粉自体が体調不良の原因だったことももちろんあるかもしれませんが、油やバター、チーズなどを使用したカロリーの高い食事を控えたことが好影響を与えたことも考えられます。

他にも、塩分の摂取量が原因だったことも考えられます。

血糖値の急激な上昇が原因だった場合には、空腹時の小麦粉の摂取を避けるだけで改善する場合もあります。

このようにさまざまな可能性があるため、自分の体に何が悪影響を及ぼしていたのかをしっかり考えてみましょう。

「小麦粉を選ぶ」という選択肢

一言で小麦粉と言っても、多くの種類が存在します。

最近は、「国産小麦使用」と表示している食品やレストランも増えてきました。

日本国内に流通している小麦粉の9割は輸入、残りの1割が国産小麦粉です。

輸入の小麦粉と言っても、すべてが悪いわけではありません。

ですが体調不良の原因になる可能性のある問題として、ポストハーベスト(残留農薬)があります。

ポストハーベストとは、収穫の後にふりかけられる農薬の事で、輸送中に害虫などが付かないようにする目的で使用されます。

ポストハーベストは日本では禁止と思っている方も多いかもしれません。

それは、日本で生産した農作物に対してであって、日本に輸入される農作物に関しては禁止されていないのです。

そのため基準値内であるとは言われていますが、輸入の小麦粉には残留農薬のリスクがあります。

ポストハーベスト以外にも、小麦自体が生産過程で多くの農薬を使用して栽培されています。

小麦粉自体ではなく、これらの農薬が体調不良の原因になっている可能性もあるのです。

小麦を食べると調子が悪くなるという方でも、「国産小麦だと大丈夫」という場合もあるのです。

小麦粉除去、グルテンフリーだけではなく、「小麦粉を選ぶ」というのも、食の安全を考える一つの選択肢ではないでしょうか。

小麦の種類

今流通している小麦粉の多くが、品種改良をされたものです。

品種改良された小麦は、とくに体への悪影響があるとされています。

ここでは小麦の中でも体に影響の少ないと言われているものをご紹介しましょう。

まずは古代小麦です。

古代小麦はグルテンフリーが広まるに連れて注目が集まっています。

古代小麦のように、昔から存在する品種の小麦は グルテン含有量が低いことが多いため、同じ量の小麦粉を食べたとしても結果的に摂取しているグルテンが少なくなるのです。

古代小麦の一種であるスペルト小麦は現在多く出回っている小麦に比べて、消化がよく栄養価も優れているのが特徴です。

他にも一般的な小麦の粒と比べて2~3倍大きさのあるカムット小麦は、栄養価が高く消化もよいという特徴があります。

ポストハーベストの問題を考えるなら、先ほどご紹介した国産小麦を選択するというのも、一つの方法です。

ただしこれらのイメージのいい小麦を使用した商品で、気をつけなければならないのが、含まれている割合です。

〇〇小麦使用と記載されているからといって100%とは限らないのです。

そのため使用されている小麦粉の種類に加えて、その割合まで考えてみる必要があります。

一条隼人
一条隼人
自分の体調の変化をよく観察し、体の声に耳を傾けてみることはとても大切ですね。

グルテンを除去した生活を送ってみるなら

グルテンフリーが体にいい影響を及ぼすかどうかは、人それぞれです。

ではグルテンを除去した生活を送ってみようと思うなら、どうやって始めればいいのでしょうか?

できる範囲で始めてみよう

健康的な食生活を目指したいと思っている方は、たくさんいると思います。

でもそれを実行するとなると、なかなか難しいですよね。

グルテンフリーに限らず、健康的な食生活を送ろうと思うと、それを継続することが何よりも大切です。

そのため、ムリをせずできる範囲で続けられるようにチャレンジしてみましょう。

オススメの方法は、毎日の食事の中で「小麦じゃない方」を選択していくということです。

パンかご飯かを選ぶ機会というのは、意識してみると意外と多いものです。

朝ごはんや軽食に食べていたバンをおにぎりにしてみる、麺類ではなくご飯ものにするなど、意識してみると今まで自分が小麦を食べている量に気付くのではないでしょうか。

小麦粉を使用したものから、米粉にシフトするというのも一つの方法です。

料理にとろみをつける際にも、小麦粉以外に選択肢はたくさんあります。

だからといって、すべてをグルテンフリーにする必要はありません。

小麦粉にはタバコ以上に強い依存性があるとも言われているので、ムリに除去しようとすると逆に体が欲してしまう場合もあるのです。

食べたいと感じた時は我慢せず、できる範囲でムリなく取り入れることが、長く続けるためのポイントです。

グルテンフリーの化粧品を選んでみる

小麦粉の摂取を控えた生活を送ってみて、調子が良くなったと感じたら、グルテンフリーの化粧品も検討してみる価値はあるかもしれません。

今使っているものがなくなったアイテムからグルテンフリーの化粧品にシフトしていくといいでしょう。

小麦粉が体に合っていない場合は、グルテンを使用した化粧品が肌トラブルの原因となっている可能性もあります。

これに関しても、ムリをしてすべてをグルテンフリーにする必要はなく、今使っている化粧品に小麦粉由来の成分が使用されているかを意識するところから始めてみてはいかがでしょうか。

一条隼人
一条隼人
何でも継続が大切です。スタートダッシュは失敗の元!じっくりゆっくり確実に始めていきましょう。

まとめ

ここまで見てきたように、グルテンや小麦粉が絶対に体に悪いというわけではありません。

ましてや小麦粉は食べるべきではない、ということもありません。

大切なのは、自分の体に何が合っていて何が合っていないのかということです。

もし日常的になんらかの体調不良を感じているなら、グルテンフリーを試してみる価値はあるのかもしれません。

グルテンフリー生活を試してみるなら、それを自分のコンディションをじっくり見つめるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

一条隼人
一条隼人
グルテンフリーの効果は人それぞれです。流行に惑わされず、自分に合った健康法・美容法を見つけましょう。
ABOUT ME
一条 隼人
一条 隼人
40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛、白髪対策や頭皮トラブル改善の研究に没頭中です。 女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 。 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です。 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型