女性ホルモンが減少する事は抜け毛や薄毛の原因になります!

抜け毛や薄毛の原因には女性ホルモンが減少することも理由の一つです。

dgfdf

女性の体にはなくてはならない女性ホルモン!妊娠や体の健康、自律神経やお肌、髪の毛にも影響しているのが女性ホルモンです。女性ホルモンが減少することで体にさまざまな影響を及ぼすことは知られていますが、抜け毛や薄毛の原因にもなっていることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

※関連記事

薄毛の原因は女性ホルモン!乱れを整える事で抜け毛が止まる

抜け毛の原因には女性ホルモンが関係しています!エストロゲンの効果

女性ホルモンを増やすサプリメント!プラセンタの効果が早く効く理由。

なぜ女性ホルモンが減少すると抜け毛や薄毛になるのでしょうか?女性ホルモンが減少することで抜け毛や薄毛が起こる原因を、今回は紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性ホルモンが減少すると体にどんな影響が出るの?

女性ホルモンが減少すると体にさまざまな影響が出ると言われています。この原因は、女性ホルモンが減ることにより脳が女性ホルモンを出そうとするのですが、実際には年齢などの理由により、女性ホルモンが出ないことによる体の混乱です。

このような体の混乱が、うつ病のような症状や自律神経失調症、更年期障害と呼ばれている症状の原因で、原因不明の体調不良なども女性ホルモンが関係しているといわれています。

女性ホルモンの減少が原因で起こる具体的な症状

1 髪の毛にツヤがなくなり抜け毛が増える

女性ホルモンが減少することで髪の毛にツヤもなくなり抜け毛も増えてしまいます。詳しい理由や関係性等は後ほど説明いたします。

2 体が疲れやすくなる

女性ホルモンが減少することで体が疲れやすくなることが報告されています。原因不明の体調不良も女性ホルモンの減少の場合が多いです。

3 のぼせやほてり

一般的にはホットフラッシュと呼ばれる症状で、自律神経の乱れから起こる症状です。さほど暑くない気温でも体が熱いと感じたり、一気に体中から汗が流れるなどの症状です。

4 頭痛や腰痛、節々の痛み

こちらも自律神経の乱れによって起こる症状で、なかなか改善しないので多くの女性が悩んでいる症状です。女性ホルモンのバランスを整えることで改善する事が多い痛みです。

5 不安定な精神状態

イライラしたりやる気が出ないなど不安定な精神状態も、女性ホルモンの減少から起こっている場合が多いです。うつ病の症状とよく似た症状です。

このほかにも女性ホルモンの減少が影響している、体や精神的な症状はたくさんあると言われています。症状が改善しない場合は病気の恐れもありますので、気になる症状が長引く場合は医師の診断をお勧めしています。

抜け毛や薄毛と女性ホルモンの関係性

女性ホルモンの1つであるエストロゲンが、女性の抜け毛や薄毛に大きな関係があります。エストロゲンは髪の毛を守るホルモンと言われ、エストロゲンが減少することにより髪のツヤもなくなり抜け毛も増えてしまいます。多くの女性が出産後に抜け毛が増えるのは、このエストロゲンの減少が原因です。

その他、女性ホルモンのバランスが崩れることにより、抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を強く受ける可能性も高まります。抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を抑えるためにも、女性ホルモンの乱れを改善し、ホルモンバランスを整えることが大切です。

抜け毛や薄毛の原因には、女性ホルモンが大きく影響していると言うことを覚えておきましょう。

hfdfg

まとめ

女性ホルモンが減少する事で体にさまざまな影響が出てしまいます。女性の体にはなくてはならない女性ホルモンです。女性ホルモンの乱れに注意してください。

以上、(女性ホルモンが減少する事は抜け毛や薄毛の原因になります!)でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です