抗がん剤の薬の副作用で髪が抜ける薬剤性脱毛症状の対策方法

抗がん剤の薬の副作用はいろいろあると言われていますが、見た目にもかかわる大きな副作用が髪の毛が抜ける薬剤性脱毛症の症状です。髪の毛が抜けるのは男性でも嫌ですが、女性の場合は特に気になることだと思います。髪の毛は女性にとって、命の次に大事だと言われる位ですからね。

nmgjftg

そこで今回は抗がん剤の副作用で髪が抜ける、薬剤性脱毛症の症状の対策方法を紹介します。抗がん剤の副作用が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ抗がん剤の薬の副作用で髪の毛が抜ける脱毛症状が出るのか?

抗がん剤によって脱毛症になる理由としては、抗がん剤の作用に理由があります。

脱毛症になってしまうのは副作用以外の何物でもないわけですが、抗がん剤というのはどのような働きがあるのかというと、がん細胞の増殖を抑えるという働きがあります。

ご存知の人も多いことでしょうが、がん細胞というのは非常にはやいスピードで増殖をしていく細胞であるため、放っておくとあっという間に全身に広がっていってしまいます。

それを薬の力で増殖を抑えてしまおうというのが抗がん剤治療の役割なのですが、細胞の分裂を抑える働きがあるので、がん細胞以外の細胞にも影響が出てしまうことになります。

そして、その副作用が最も出やすいのが髪の毛ということになり、分裂のスピードがはやい髪の毛が薬の作用によって抑え込まれてしまうと、髪の毛が抜ける脱毛症になってしまうということになるのです。

ただし、この副作用というのは薬を投与されている期間に限った話であり、毛根自体が死んでしまうというわけではありませんから、一時的に髪の毛が抜け落ちてしまってもその後生えてこなくなるということはありません。

新しい髪の毛が生え始めるには一ヶ月から一ヶ月半ぐらいかかり、そこから伸びる時間を考えると元の状態に戻るまでかなり時間がかかってしまうと思うかもしれませんが、それはあくまでも一時的なものですからあまり気にしすぎないようにしましょう。

元に戻るということを理解しておけば、がんの治療にも専念をすることができます。

抗がん剤の副作用で髪が抜ける薬剤性脱毛症状の対策方法

fghf

1 心の対策方法

女性の場合は特にですが髪が抜けてしまうことにより、心まで落ち込んでしまう人が多いそうです。女性にとっては髪の毛は命の次に大事だと言われる位ですから、髪の毛が抜ける事に強いショックを覚える女性が多いようです。

抗がん剤の副作用で髪が抜ける薬剤性脱毛症の症状は、抗がん剤治療が終われば髪の毛も生えて回復していきますのでご安心ください。心の対応策に関しては周りについている人が大変重要だと思います。ただでさえ不安な癌治療を行っているのに大切な髪の毛まで抜けてしまうのですから、家族や友人、周りの方のサポートが重要となります。

できる限り一緒にいられる時間を長くして、患者さんの心のダメージを和らげるように努力してあげてください。時間はかかると思いますがゆっくりと前向きな心の考え方になれるように周りの人のサポートが大変重要です。

2 かつら(ウイッグ)による対策方法

※関連記事

抗がん剤の薬の副作用対策におすすめのウイッグ(かつら)ランキング

抗がん剤の治療に入る前に、自分に合うウイッグを準備しておくことでも薬剤性脱毛症の対策ができます。ウイッグにはオーダーメイドウイッグがあり、現在の自分の髪型と同じ髪型のウイッグを作ることもできます。現在の髪型と同じようなウイッグなので髪の毛が抜けた後も違和感なく過ごすことができます。

また最近では医療用の市販ウイッグも販売されていますので、自分にあうウイッグを見つけておくことで、抗がん剤の副作用による髪が抜ける症状による心のダメージも対策できると思います。髪が治るまでの1年間の間の対策には1つ持っておくといいと思います。

3 帽子による対策方法

抗がん剤の薬の副作用による髪が抜ける症状の対策方法には、医療用帽子もおすすめです。普通の帽子と違って肌に刺激の少ないオーガニックコットンを使用しており、抗がん剤で弱くなった頭皮をやさしく守ってくれます。

最近では医療用帽子も大変オシャレになっていて男性用女性用様々なデザインがあります。キッズ用の医療用帽子もありますので、薬剤性脱毛症の対策方法には値段も安くておすすめです。普通にかぶっていてもとってもおしゃれな帽子のデザインなので、1つ持っておくと便利ですよ。

4 育毛剤による対策方法

※関連記事

抗がん剤の髪の副作用対策におすすめの育毛剤!薬剤性脱毛症を改善

育毛剤による対策方法は、抗がん剤治療後の発毛のサポートです。抗がん剤治療をしているときには髪の毛を成長させる細胞分裂が行われないため、育毛剤をつけても効果がありません。しかも育毛剤の成分と抗がん剤との併用に問題がある可能性もありますので、使用する際には医師にお聞き下さい。

抗がん剤治療後の育毛剤ケアは、発毛のスピードを早めるためにも効果的であると言われています。発毛を加速させるためには頭皮環境を整えることと、細胞分裂の促進を促すことが必要です。育毛剤には毛根と毛母細胞を活性化させる効果もありますので、発毛のスピードを高めたい方はぜひ育毛剤ケアを始めましょう。

抗がん剤により頭皮が弱っている場合もあります。育毛剤を使う場合は副作用の心配がいらない医薬部外品の育毛剤をお使いください。担当のドクターに相談の上、頭皮にやさしい育毛剤をお使いください。(医薬品の育毛剤には副作用の心配があります。)

まとめ

抗がん剤の薬の副作用で髪が抜ける薬剤性脱毛症の症状は、抗がん剤治療が終了して3ヶ月から6ヶ月ほどすれば改善していきます。

r5t6y54r

また元通りの髪の毛に戻ることができますのでご安心ください。

以上、(抗がん剤の薬の副作用で髪が抜ける薬剤性脱毛症状の対策方法)でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です