白髪対策

市販の白髪染めヘアカラーの種類!メリットとデメリット

今回は市販の白髪染めヘアカラーの種類を一般の方にもわかりやすく紹介します。市販で販売されている白髪染めヘアカラーには多くの種類があるので、一般の人には種類や分別などがしにくいと思います。今回は美容師から見た白髪染めヘアカラーの種類です。メリットとデメリットもわかりやすく紹介しますね。

※関連記事

白髪染め泡タイプの人気ランキング!セルフカラーに使える美容師おすすめベスト5

男性用白髪染めヘアカラーランキング!自宅で簡単にできる

 

 

市販の白髪染めヘアカラーの種類

※関連記事

髪を傷めない市販の白髪染めカラーとは

人気の白髪染めカラー美容師おすすめベスト10本!タイプ別の選び方

市販で販売されている白髪染めヘアカラーの種類は大きく分けて3つに分類されます。それぞれの特徴やメリットとデメリットを詳しく紹介していきますね。

 

 

永久染毛剤(2つの薬を混ぜる白髪染めヘアカラー)

fgjfghtキャプチャ_030617_013410_PM

引用 http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_hair-color-1

 

 

永久染毛剤とは、いちど髪の毛を染めると色落ちがしないヘアカラーの種類の事です。市販の白髪染めヘアカラーにも永久染毛剤があり最も多く販売されていています。永久染毛剤とは2つの薬を混ぜて使うタイプの白髪染めヘアカラーのことです。

 

 

白髪染めヘアカラーに含まれている酸化染料と言われる物質が髪の奥深くまで浸透して、空気中の酸素に反応して色を発色します。髪の内部まで色素が入り込みますので、いちど染めると色が長く持つ白髪染めヘアカラーの種類です。

 

 

永久染毛剤のメリット

 

・ 明るい髪色の白髪染めができる(ブリーチ効果があるため)

 

・ 白髪染めが長持ちする

 

・1度の使用でしっかりと白髪が染まる

 

・ 髪色のバリエーションが豊富

 

・市販の商品がたくさん出ているので購入しやすい

 

 

永久染毛剤のデメリット

 

・ 髪の毛が痛む

 

・頭皮に対して刺激が強い

 

・使い方が難しい(失敗すると色ムラになる)

 

・ジアミンが配合されているためかぶれる危険性もある

 

・色が落ちにくい

 

 

半永久染毛剤(白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、ヘアマニキュア、ヘナなど)

※関連記事

市販の人気白髪染めトリートメントを徹底比較!口コミオススメランキング【2018年最新】

市販の白髪染めシャンプーランキング!美容師おすすめ最新情報

白髪染めアレルギー症状の心配がないヘアカラーとは?パッチテスト不要

ヘアカラートリートメントの口コミランキング!白髪染めにおすすめ

fgjfghtキャプチャ_030617_013435_PM

 

半永久染毛剤とは永久染毛剤と比較して言うと、髪の表面だけを染めるタイプの白髪染めヘアカラーの種類のことをいいます。半永久染毛剤は化学変化を使った白髪染めヘアカラーではなく、ブリーチ効果もありませんので髪の毛に対してダメージがほとんどありません。

 

 

髪の毛の表面やキューティクルの内側に、白髪染めの色素をつけるタイプの白髪染めヘアカラーです。何回か繰り返すうちに、ゆっくりと白髪が染まっていく種類の白髪染めヘアカラーは、こちらの半永久染毛剤に分類されます。

 

 

半永久染毛剤のメリット

 

・何回繰り返して使っても髪の毛が痛まない(ブリーチ効果がないため)

 

・頭皮にも刺激がない

 

・使い方が簡単

 

・かぶれなどの心配もない

 

 

半永久染毛剤のデメリット

 

・ 白髪を染めるのに数回の使用が必要

 

・ 色の持ちが悪い

 

・ 白髪が染まりにくい場合もある

 

 

一時的染毛料(白髪隠しブラシ、白髪染めスプレーなど)

※関連記事

美容師おすすめ白髪隠し!簡単に使える人気商品

白髪隠し人気ランキング!美容師おすすめベスト9

fgjfghtキャプチャ_030617_013446_PM

 

一時的染毛料と言うと難しい感じがしますが、1度のシャンプーで落とせる白髪染めヘアカラーの種類と覚えておくと簡単だと思います。市販の白髪染めスプレーや白髪隠しなどが一時的染毛料の種類に分類されます。

 

 

一時的染毛料のメリット

 

 

・今すぐ白髪を隠すことができる

 

・一度のシャンプーで落とすことができる

 

・使い方が簡単

 

・頭皮や髪の毛に対して刺激が少ない

 

・ 部分染めやリタッチの白髪染めに適している

 

 

一時的染毛料のデメリット

 

・ 雨や汗に注意が必要

 

・全体の白髪染めをするのには適していない

 

・ 白髪を隠す事はできるが白髪を染めることができない

 

・毎日使用すると割高

 

 

まとめ

nukege

今回は白髪染めヘアカラーの専門家の美容師から見た、市販の白髪染めヘアカラーの種類を紹介しました。市販の白髪染めヘアカラーは大きく分けると、この3つの種類に分類されます。ご自身が使っている白髪染めヘアカラーがどこに分類されるかを知ることで、メリットやデメリットもわかると思いますよ。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

以上、(市販の白髪染めヘアカラーの種類!メリットとデメリット)でした。

ABOUT ME
一条 隼人
一条 隼人
40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛、白髪対策や頭皮トラブル改善の研究に没頭中です。 女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 。 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です。 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型
あわせて読みたい