頭皮に出来た痛いニキビの原因とは?

頭を掻いた時に気付くことの多い頭皮ニキビ!いきなり強く掻いてしまい、頭皮ニキビを潰したことのある人も多いのではないでしょうか?

gnjhf

頭皮ニキビは触らない限り痛みが無いので、気付くにくい頭皮トラブルです。一度頭皮ニキビになると、なかなか治らずに頭皮に残るので、気になっている人も多いのでは?

どんな時に、触ると痛い頭皮ニキビができやすいのでしょうか?頭皮ニキビができる原因、勉強しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頭皮ニキビとは?

頭皮ニキビとは頭皮にできる、触ると痛いニキビのことで、顔や背中などにできるニキビと同じニキビの仲間です。ニキビは毛穴の多い場所にできるのですが、人間の体の中で最も毛穴の数が多いのはが頭皮で、もっともニキビができやすい場所です。頭皮には髪の毛があるために、ニキビに気づきにくいのですが、もっともニキビができやすい場所なので注意してください。

頭皮はなかなか自分で見ることもできない場所なので、ニキビを見つけるのにも時間がかかります。放って置くと炎症もひどくなるので注意が必要なのが頭皮ニキビです。

頭皮ニキビが出来る原因とは?

頭皮ニキビができる原因は顔や肌のニキビの原因と同じ、毛穴のつまりと毛穴の炎症です。頭皮の汚れや皮脂が毛穴につまり、新陳代謝が行われない状態となると、頭皮の菌(アクネ菌)が増殖し毛穴の炎症が起きます。この状態を放っておくと頭皮ニキビとなるわけです。

頭皮ニキビの原因には頭皮の新陳代謝が大きく関係しています。新陳代謝が正常に行われない事により、毛穴に汚れが詰まりやすくなり、ニキビができやすい環境を招いてしまいます。新陳代謝が悪くなる原因にはホルモンバランスの乱れや睡眠不足など、生活習慣も関係しています。頭皮ニキビができた場合には、対策方法だけではなく生活習慣等の改善も心がけ予防しなくてはいけません。

頭皮ニキビが出来た時に注意する事!

シャンプーの時や頭を掻いた時に発見する頭皮ニキビ!注意して欲しい事は絶対に潰さないことです。頭皮にきびができたときに注意することは以下の7つです。症状が悪化しないよう注意してください。

1 絶対に触って潰さないこと!つぶしてしまうと炎症がさらに広がり、痛い症状が長く続きます。

2 シャンプーをするときは爪を立てずに指の腹を使い、頭皮ニキビに傷を付けないように意識してください。タオルで頭を拭く時も注意が必要です。

3 シャンプーの後は自然乾燥せずに、ドライヤーを使ってすぐに頭を乾かしましょう。頭皮が濡れた状態は菌(アクネ菌)が繁殖しやすい状態です。頭皮ニキビを見つけた時は頭が濡れた状態を速やかに乾かし、清潔な頭皮の状態を保ちましょう。

4 スタイリングをする際に使うセット剤は使用しない方が良いと思います。セット剤に含まれる成分がニキビにつくことで、炎症が広がり症状を悪化させてしまいます。

5 頭皮にきびが気になるのはわかりますが、手で触らないようにしてください。手に付いている細菌が頭皮にきびを悪化させてしまいます。なるべく触れないよう注意してください。

6 生活習慣の見直しも必要です。頭皮ニキビができる原因には寝不足やバランスの悪い食事なども関係しています。頭皮ニキビができないよう生活習慣も見直しましょう。

7 とにかく清潔に!毎日シャンプーしている人は、1日2回もシャンプーすることは必要ありませんが、頭皮に触れるタオルや枕カバー、ブラシや帽子などにも注意が必要です。頭皮ニキビを刺激しないよう清潔な状態を保ちましょう。

sfa

まとめ

頭皮の悩みや頭皮トラブルは早く見つける事で、早く治す事ができます。触ると痛い頭皮ニキビを発見した時は、潰さないよう注意してください。

※参考記事

頭皮のニキビは放って置くとハゲの原因に?早めの対処で薄毛を防ぐ

頭皮ニキビに効くローション「ルプアクア」!しつこいニキビを治す薬

治らない脂漏性皮膚炎、頭皮ニキビ、かさぶたを治すにはオゾンが効果的

以上、「頭皮に出来た痛いニキビの原因は?」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です