頭皮の痒みを抑える方法!原因を把握して改善対策する事で症状は治る

頭皮の痒みで悩んでいる人は、原因に適した改善対策をする事で、早く症状を治す事ができます。頭皮の痒みを抑える方法も日々進化していますので、最新の情報をお伝えします。

kjhkj

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頭皮の痒みの原因

1病気

脂漏性皮膚炎や頭じらみ、乾癬などが痒みを伴う頭皮の病気です。頭皮の病気が発生する原因は様々ありますが、頭皮を清潔に保つことで予防できる病気がほとんどです。頭じらみに関しては、お子様に多い病気ですが、タオルや枕などから大人にも移りますので注意が必要です。

頭皮の痒みが病気による症状の場合、症状が悪化しない為にも早めに判断することが重要です。頭皮の病気の場合は普段の痒みとは違い、痒みが継続的に続いたり、我慢できない痒みになります。普段とは違うかゆみを感じたときには、皮膚科などの病院で診てもらうことをお勧めします。

2乾燥

頭皮の痒みの原因の中で最も多いのが頭皮の乾燥です。頭皮は皮脂によって守られているのですが、皮脂を取りすぎる事により頭皮の乾燥が起こります。乾燥した頭皮は刺激にも弱くかゆみを発生させます。

頭皮の乾燥の原因を作っているのは、ほとんどがシャンプーです。汚れを落とす力が強すぎるシャンプー剤(石油系シャンプー剤)で頭皮を洗うことにより、必要な皮脂まで取ってしまうからです。

頭皮は年齢や体質によっても変化していきますので、若い時には何ともなかった強いシャンプー剤でも、年齢や体質により頭皮が乾燥することも考えられます。頭皮の乾燥する原因はシャンプーであると覚えておいてください。

3アレルギー

頭皮はアレルギーによってもかゆみを発生させます。アレルギーの原因で考えられるものは、シャンプー成分やトリートメント成分、パーマ液やヘアカラー剤、スタイリング剤や汗などです。

アレルギーも年齢や体質により変わるものがほとんどです。体調が良い時にはアレルギーも発生しにくいですが、体が弱っている時にはアレルギーも発生しやすいです。敏感肌や乾燥肌、アトピーの人は特に注意が必要です。

4頭皮の荒れ

頭皮の荒れも痒みの原因です。頭皮の荒れる原因は主にこの4つです。

⑴シャンプー剤が強すぎる

頭皮に対してシャンプー剤が強すぎると頭皮は荒れてしまいます。昔は毎日シャンプーしなかったので、シャンプー剤が強くてもあまり問題はなかったのですが、今は毎日シャンプーをする時代なので、シャンプー剤が強すぎると頭皮が荒れてしまいます。

⑵ シャンプーの時に強くこすりすぎている

汚れを落とす為にしっかりとシャンプーしている人に多い原因です。頭皮はとてもデリケートなものです。あまり強くこすり過ぎると頭皮がこすれて、炎症を起こしてしまいます。炎症を起こした頭皮はかゆみを発生しますので注意が必要です。シャンプーの後のタオルドライも頭皮をやさしく拭いてあげましょう。

⑶ お湯が熱すぎる

シャンプーするときのお湯の温度が高すぎると、頭皮は荒れてしまいます。高い温度のお湯は皮脂を落とす力が強いです。敏感肌や乾燥肌、アトピーの人は低い温度のお湯を使いましょう。

⑷ 頭皮の自然乾燥

シャンプーの後にドライヤーをせずに、頭皮の自然乾燥をしている人も頭皮が荒れやすい人です。頭皮が濡れた状態はデリケートな状態で、細菌も増えやすい状態です。頭皮が強い人はあまり気にしなくても良いと思いますが、敏感肌や乾燥肌、アトピーの人はシャンプーの後速やかに頭皮を乾かしましょう。頭皮の自然乾燥は頭皮の臭いにも関係しています。

頭皮の痒みを抑える方法!原因別の対策方法

1病気の対策方法

頭皮の痒みの原因が病気である場合は、医師の指示に従いましょう。頭皮の痒みがひどい場合はかゆみを抑える事が先決です。かゆみのある頭皮を掻いてしまうと症状がどんどん悪化していきます。夜寝る前にも頭皮のかゆみ止めをしっかりと塗り、寝ている間に頭皮をかかないよう対策してください。

医師の指示の中にはシャンプー剤まではないと思いますので、シャンプー剤は頭皮を守るアミノ酸シャンプーを使いましょう。アミノ酸シャンプーが頭皮にやさしいシャンプー剤です。

※参考記事
市販のシャンプーでもアミノ酸シャンプーはある!見極める成分を紹介

2乾燥の対策方法

頭皮の乾燥対策をする方法は主にこの3つです。

⑴シャンプーを見直す

頭皮の乾燥原因のほとんどがシャンプーです。頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーをお勧めします。

⑵ 頭皮の保湿美容液を使う

乾燥した頭皮につける頭皮の保湿美容液です。フケや頭皮のかゆみを抑える効果もありますのでシャンプーの後につけると効果的です。

※参考記事

頭皮のかゆみを治す市販の塗り薬ランキング!頭が痒い原因を改善する3つ

『すこやか地肌』の効果を口コミから解析!何故、頭皮のかゆみに効くのか!

頭皮のかゆみ止め塗り薬『すこやか地肌』!市販の薬との違いとは?

「すこやか地肌」を最安値で購入する方法!脂漏性皮膚炎にも効果有り

⑶ シャンプーの後にすぐにドライヤー使って頭皮を乾かす

頭皮が濡れている状態は気化熱作用により頭皮が乾燥しやすい状態です。シャンプーの後は頭皮をタオルでしっかり拭いて、速やかにドライヤーを使い頭皮を乾かしましょう。乾燥肌や敏感肌の人にも効果的な方法です。

3アレルギーの対策方法

シャンプー剤によるアレルギーの対策方法には、オーガニックシャンプーが効果的です。オーガニックシャンプーはアレルギーを発生させる添加物や合成成分、化学物質等が入っていません。海外のオーガニックシャンプーには少し怪しい商品もありますので、私は国産オーガニックシャンプーをお勧めしています。

※参考記事
美容師おすすめ!赤ちゃんの頭皮に優しい国産オーガニックシャンプー

パーマ液やヘアカラー剤によるアレルギーの対策方法としては、体調のすぐれない時にはパーマやヘアカラーをしない事!市販のヘアカラー剤は薬が強いので、使わないほうが良いです。スタイリング剤や汗によるアレルギーの対策には、シャンプーの前にすすぎをしっかりとする事で防ぐことができます。

4頭皮の荒れの対策方法

頭皮の荒れの対策方法は、かゆみが強い場合は頭皮の保湿液をつける事をお勧めします。炎症を起こしている頭皮を改善してくれます。

その他、シャンプー剤は頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーを使う事。シャンプーやタオルドライの時に強くこすらない事。シャワーの温度を低めにする事、などです。頭皮はとてもデリケートです。優しくお手入れしてください。

まとめ

頭皮の痒みを抑える為には、原因に合った改善対策で早く症状を治す事ができます。

頭皮の痒みはそのままにして置くと、重い頭皮トラブルへと症状が発展していく場合もあります。自分の頭皮の状態をしっかりと把握して早めの改善対策をおすすめします。

以上、 頭皮の痒みを抑える方法!原因を把握して改善対策する事で症状は治る、でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です