市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い

市販の白髪染めカラーを使って自宅で白髪染めをしている人は、デメリットがあることも知っておいてください。市販の白髪染めカラーのデメリットを知らずに使っていると、後で大変なことになりますので知っておきましょう。美容院で使っている白髪染めカラーとの違いもご紹介しておきます。

※関連記事

市販の白髪染めトリートメント人気ランキング11!美容院スタッフもおすすめ

男性用白髪染めヘアカラーランキング!自宅で簡単にできる

市販の白髪染めシャンプーランキング!美容師おすすめ最新情報

白髪染め泡タイプの人気ランキング!セルフカラーに使える美容師おすすめベスト5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販の白髪染めカラーのデメリット!

市販の白髪染めカラーの多くがこの3種類だと思います。それぞれにデメリットがありますのでご紹介しておきます。

※関連記事

市販の白髪染めヘアカラーの種類!メリットとデメリット

gfhfdghfdsaya0I9A4209072170656

1 市販の永久染毛剤(2つの薬を混ぜて使う白髪染めカラー)のデメリットはブリーチ剤が入っているので髪の毛を痛める

mvm

永久染毛剤とは2つの薬を混ぜて使う白髪染めカラーの種類です。ビゲンヘアカラーなどもこちらの永久染毛剤に分類されます。このタイプの白髪染めカラーのデメリットは、お薬の中にブリーチ剤が入っているので髪の毛を痛めるということです。

永久染毛剤はブリーチ剤が入っているので、明るい髪色にすることもできる白髪染めカラーなのですが、髪の毛を痛めてしまうデメリットがあることも覚えておきましょう。市販の永久染毛剤の白髪染めカラーは、髪の毛を痛めてしまいますし使い方も大変難しいので、美容師としてはあまりお勧めできない市販の白髪染めカラーの種類です。

2 市販の白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー、ヘアマニキュアのデメリットは美容院でパーマやヘアカラーができなくなる。

ncfff

市販の白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー、泡のヘアマニキュアや光で白髪を染めるタイプの商品等を使用した場合、美容院でパーマやヘアカラーができない場合が多いです。

理由はこれらの市販の商品に含まれている白髪染めの成分が、美容院で使っているパーマ液やヘアカラーのお薬と反応して、青色や緑色の髪色になってしまうからです。

市販の商品なので、どの成分が反応して青色や緑色の髪色になるのかははっきりとわかっていませんが、一度、青色や緑色の髪色になってしまうと髪色を戻すことも困難なので、多くの美容院では市販の白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを利用している人の、パーマやヘアカラーをお断りしています。美容院でパーマやヘアカラーをしたい方は注意してください。

※関連記事

白髪染めトリートメント美容師おすすめの使い方!裏技の紹介

3 ヘナカラーのデメリットは、髪の毛を明るくすることができない

tjhtr

髪の毛を痛めずに白髪染めができるヘナカラーですが、ブリーチ効果もなく髪の毛に対して悪影響はないのですが、1度ヘナカラーを使用すると髪の毛の色を明るくすることができないと言うデメリットがあります。季節によって髪色の変化を楽しみたい方は注意してください。

この3つが市販で販売されている白髪染めカラーの主なデメリットです。セルフカラーで白髪染めをしている方はぜひ覚えておいてください。

美容院の白髪染カラーと市販の白髪染めカラーの違い

nukege

美容院で使用している白髪染めカラーは、ほとんどが永久染毛剤と言われるブリーチ効果のある白髪染めカラーです。先ほどもご紹介しましたが市販の白髪染めカラーも永久染毛剤が多いです。

同じ永久染毛剤なので市販の白髪染めカラーも、美容院で使用している白髪染めカラーも同じだと思っている人が多いのですが、実はお薬に違いがあるのです。

美容院で使用している永久染毛剤は、狙う髪色の明るさによってブリーチの含まれている量が違います。明るく染めたい場合はたくさんブリーチ剤の入った薬を使いますし、あまり明るくない髪色にしたい場合は、ブリーチ効果の弱いお薬を使います。

白髪染めカラーに含まれている成分で髪の毛を痛めているのがブリーチ剤なので、ブリーチ効果の弱いお薬の方が、長く使用しても髪の毛を痛めません。ですから美容院で使っている白髪染めカラーは、暗めに染めるのであればブリーチ効果の弱いお薬が使えるので、継続して使用してもあまり髪の毛や頭皮に負担がかからないのです。

市販の白髪染めカラーは、一般の人が使うため、きれいに色が染まるようにブリーチ効果が高く設定されています。ブリーチ力を強めにして自毛の色を明るくして、色素をたくさん入れて色ムラをなくす薬剤の作り方です。ですから同じ髪色にするにしても、ブリーチ効果が高いのが市販の白髪染めカラーで、美容院で使う白髪染めカラーはブリーチ効果の弱いお薬となります。

薬の仕組みに違いはありませんが、ブリーチ剤が含まれている量に違いがありますので、何度も使用すると髪の毛や頭皮にダメージの違いが生まれます。永久染毛剤を使って自宅で白髪染めカラーをしている方は、美容院で使っている白髪染めカラーとの違いを、ぜひ覚えておいてくださいね。髪の毛を傷めたくない方は美容院で白髪染めカラーをしてください。笑

まとめ
市販の白髪染めカラーと美容院の白髪染めカラーの違いお分かりになったでしょうか?市販の白髪染めカラーにはデメリットもありますので、使用する際には注意して下さいね。自分に合う白髪染めカラーがわからないときは気軽に美容師にご相談下さい。

以上、(市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い)でした。



※関連記事

髪を傷めない市販の白髪染めカラーとは

部分白髪染めセルフカラーに最適!市販のヘアカラートリートメントベスト7

白髪染めリタッチカラーに使える美容師おすすめアイテムの紹介。

美容師おすすめ白髪隠し!簡単に使える人気商品

The following two tabs change content below.
一条 隼人

一条 隼人

40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛の研究に没頭中です。女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です