抜け毛を防ぐ正しいシャンプーのやり方10!薄毛にならない方法です。

毎日しているシャンプーですが、正しいシャンプーの方法や、シャンプーの目的を知っている人は少ないのでは無いのでしょうか?僕たち美容師はシャンプーの専門家として、正しいシャンプーの方法や、シャンプーの目的を、お客様に教えるようにしているのですが、まだまだ伝わっていないのが現実です。

jfth

抜け毛や薄毛を防ぐ効果もあるシャンプー!間違ったシャンプーのやり方をしている人も多いとおもうので、もう一度シャンプーのプロである美容師が、薄毛や抜け毛を防ぐシャンプーのやり方を紹介します。将来、薄毛にならない為にも大切な方法ですよ。

※参考
抜け毛や薄毛など、髪の毛の悩みを無料でメール相談できる髪の毛の総合クリニックです。

発毛のパイオニア HAIR GENIUS【ヘアジニアス】

utruty

ヘアジニアスは東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄にクリニックを構える毛髪の専門病院です。髪の毛の専門クリニックでは珍しく、女性医師が常勤しているため女性のお客さんも安心して通えるクリニックとして大変人気があります。

お客様のことを考え1人のお客様に1人の医師制を実施していて、他のクリニックよりも安心してじっくりと医師に相談できる点でも人気です。お客様の薄毛の症状に合わせたオーダーメイドの治療法で、4ヶ月での治療で99%の発毛実績があります。髪の毛のことでお悩みの方にはおすすめできる髪の毛の総合クリニックです。

※詳しい情報は公式ホームページをご覧ください。あなたの髪の毛の状態にあわせて頭皮治療を行います【ヘアジニアス】

(メールでの無料相談でも1人1人の症状に合う治療方法やアドバイスを提案していだけます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

抜け毛を防ぐ正しいシャンプーのやり方

※参考記事

女性用薄毛予防シャンプー人気の7本!女性の髪の毛を守る為に必要な事

AGA(エージーエー)対策に効くシャンプー!男性型脱毛症を改善! 

1ブラッシングは必要無い

ネットで正しいシャンプーのやり方を検索すると、『シャンプーの前のブラッシングが必要』と出てきますが、この情報は、随分昔の情報です。(笑)今は、ほとんどの人が毎日シャンプーしますので、シャンプーの前のブラッシングは必要ないと覚えておいて下さい。

専用のブラッシングブラシを使った頭皮のブラッシングは、血行を良くする効果もありますが、頭皮の血行促進なら、シャンプーの後のブラッシングで、充分です。普通のブラシでブラッシングをすると頭皮を傷付けて、抜け毛が増えるので、注意してください。

昔は毎日シャンプーしなかったので、頭皮のフケを浮き上がらせる為に、シャンプーの前にブラッシングをしていたそうです。ブラッシングをして、頭皮のフケを落としやすい状態にしてからシャンプーするやり方です。

僕はもう20年以上美容師をしていますが、シャンプーの前のブラッシングはしたことがありません。美容院へ行ってもシャンプーの前にはブラッシングをしていないと思いますので、今では必要ないと思っていいですよ。週に2・3回しかシャンプーしない人には必要かもしれませんね。

2 最初のすすぎが肝心

正しいシャンプーのやり方で、意外に知れれていないのが、シャンプーの前のすすぎです。シャンプーの前にするすすぎが、頭皮や髪の毛の汚れの90%近くを落としてくれます。

最初にシッカリとすすぎをする事で、シャンプー剤を付けた時の泡立ちも良くなります。シャンプーの前のすすぎで、汚れのほとんどが落ちますので、シッカリとすすぎをしてください。シャンプー剤に頼らずに汚れを落とす事で、抜け毛や頭皮トラブルも予防できます。

3シャンプー剤は後頭部に付ける

手に取ったシャンプー剤は、後頭部に付けて泡立てましょう。細かい事ですが、シャンプーに含まれる界面活性剤(水と油を混ぜる物)が、薄毛と関係していると言われています。界面活性剤の高い浸透性が原因とされています。

一度や二度のシャンプーで、薄毛になる訳ではありませんが、毎日使うシャンプーです。チョットした事なので、実践してください。良いシャンプーを使う事も抜け毛を防ぐには大変重要です。

4洗い方

プロが教える頭皮の正しい洗い方です。

⑴隅々までしっかりあらう

抜け毛を防ぐシャンプーのやり方で大切な事は、頭皮を清潔にする事です。シッカリと時間をかけて、隅々まで頭皮をあらいましょう。意外にきれいに洗えてない人が多いですよ。

⑵爪を立てない

シャンプーで頭皮を洗う時は、爪を立てないで洗いましょう。爪を立てて頭皮を洗うと、頭皮を傷付けてしまいます。傷付いた頭皮から細菌が入り、頭皮トラブルになる事もあります。指の腹を使って頭皮に傷を付けないよう、優しく洗って下さい。

⑶頭皮は擦らないこと

正しいシャンプーのやり方とは、頭皮を擦らずにマッサージするやり方です。強く擦っても汚れは落とせません。汚れを落とすのはシャンプーの泡です。

強く頭皮を擦ってしまうと、かえって頭皮を傷付ける恐れもあります。優しくマッサージしてください。

5 シャンプー剤はよく流す

シャンプー剤をよく流す事も、薄毛や抜け毛を防ぐシャンプーのやり方です。シャンプー剤が頭皮に残っていると、様々な頭皮トラブルの原因になります。しつこいくらいにシャンプー剤を流す事をおすすめしています。

これからの季節はシャンプー剤の洗い残しが原因で、頭皮のニオイが気になる場合もあります。シャンプー剤が汗と混ざり、ニオイを発生させてしまうのです。正しいシャンプーのやり方とは、汚れをしっかりと落とすことです。シャンプー剤もしっかりと流してください

6トリートメントは地肌に刷り込む

美容院で販売しているサロントリートメントは、地肌に刷り込むことで、毛穴の汚れを浮き上がらせて、毛穴の掃除してくれます。リンスやコンディショナーの場合は地肌に付ける事はできませんが、質の高いトリートメントに限り可能です。

リンスやコンディショナーは油分が多く含まれていますので、地肌につけると、ベタつきが出ますが、トリートメントは補修成分と人間の皮脂に近い成分で作られていますので、地肌に刷り込むことで乳化作用があり、毛穴の汚れを取ることができます。

抜け毛を防ぐ、簡単なヘッドスパ効果がありますので、トリートメントをお使いの際はぜひ試してみてください。

7トリートメントは時間を置いてからしっかりすすぐ

トリートメントは髪の毛に付けて時間を置いた後、しっかりとすすいでください。リンスやコンディショナー等には(軽くすすぐように)と書かれているものもありますが、リンスやコンディショナーは油分が多い為、流しすぎる事で髪の手触りが悪くなるからです。

トリートメントは油分に頼ることなく、髪の中に栄養分を入れていますので、しっかりとすすいでも髪の手触りは悪くなりません。しっかりとすすぐ事ができるのが、トリートメントだと覚えておきましょう。

シャンプーと同様に、リンスやコンディショナー、トリートメント成分が頭皮に残っている事で、頭皮トラブルが発生しやすいです。抜け毛を防ぐためにはリンスやコンディショナー、トリートメントもしっかりとすすいでください。

8タオルで地肌を拭くときも強くこすらないこと

シャンプーの後、タオルで地肌を拭く時も、強くこすらないようにしてください。シャンプーの後は頭皮がデリケートな状態です。強くこすり過ぎる事で頭皮を傷つけてしまいます。タオルの吸水力を十分に使い、軽く叩くように頭皮の水分を拭き取りましょう。

9頭皮はすぐに乾かす

シャンプーの後は頭皮をすぐに乾かしましょう。シャンプーの後の頭皮が濡れた状態は細菌が増殖しやすい状態です。頭皮を自然乾燥すると、細菌が増殖して嫌な臭いを発生させることがあります。子供の頭皮の臭いニオイも、頭皮の自然乾燥が原因だと言われています。

ドライヤーで髪の毛を乾かすと、髪が痛むと思っている人もいると思いますが、髪の毛を濡れたままにしておく方が、髪は痛みやすいです。頭皮を清潔に保ち髪の毛を痛めないことからも、シャンプーの後は速やかに頭皮と髪を乾かしましょう。

10 なるべくシャンプーは夜にする

薄毛や抜け毛を防ぐために、シャンプーは夜にした方が良い理由を紹介しておきます。

⑴朝は時間がない人がほとんどです。そのような急いでいる時にシャンプーをしてしまうと雑なシャンプーになりがちです。頭皮を清潔にするためにも時間に余裕のある、夜にシャンプーしましょう。

⑵朝シャンプーすると頭皮がデリケートな状態のまま、紫外線を浴びることとなります。シャンプーの後5.6時間で、頭皮をカバーする皮脂が出ると言われています。夜シャンプーすることで紫外線からも頭皮を守ることができます。

⑶髪の毛が最も発育する時間は夜の10時から2時の間です。この時間に毛穴をきれいにしていることが、抜け毛や薄毛を防ぐ方法です。夜シャンプーすることで、髪の毛が発育する効果を高めてくれます。

⑷寝起きの状態は毛穴が開いているため、頭皮を傷つけやすいと言われています。頭皮トラブルになっている多くの人が、朝シャンをしていたと言うデータも出ています。このことからもシャンプーは夜にしたほうが良いと思われます。

まとめ

薄毛を防ぐ方法には正しいシャンプーのやり方がとても重要です。抜け毛を防ぐ事が将来の薄毛を防ぐ方法です。

※プロが行う育毛を体験してみてください!!


今生えている髪の毛を維持する為に必要なシャンプーです。抜け毛を防ぐシャンプーのやり方を覚えておいてくださいね。

以上、抜け毛を防ぐ正しいシャンプーのやり方10!薄毛にならない方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です