美容院の白髪染めの頻度はどれぐらいがおすすめ!美容師がお答えいたします。

美容院で行う白髪染めをしても本当に白髪の多い人になると、きれいに白髪染めをしてから2週間程度で、分け目や生え際白髪が気になってくるそうです。2週間に1度美容院に来て白髪染めをしてもらうのも大変だと思いますので、美容師がおすすめする白髪染めの頻度をご紹介します。

※関連記事

男性でも自宅で簡単に出来る白髪染めヘアカラーランキング!

ru5t6u

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪染めの頻度はどれぐらいがおすすめか?

頭皮のことを考えると白髪染めの頻度は、最低でも1ヵ月に1回にしておいたほうがいいと思います。地肌からべったりと塗る美容院で行う白髪染めも、全く頭皮に負担のないヘアカラーではありませんので、繰り返し行うと頭皮に負担がかかってしまいます。

頭皮に薬剤を付けないヘアマニキュアでしたら、地肌に負担はかかりませんので月に二度三度しても問題はないと思います。美容師がおすすめしている白髪染めの頻度は多くても月に1回と覚えておいてください。

美容院で白髪染めをした後に根本や生え際の白髪が気になってきた時、どうすればいいのか?

ghtrfhtr

頭皮や地肌のことを考えると白髪染めの頻度を伸ばした方が良いのはわかったけれど、白髪染めをしてから数週間して生えてくる、根元や生え際の白髪はどうすればいいのか?

1 ヘアマニキュアでカバーする

ヘアマニキュアで白髪染めをしている人は、分け目や生え際だけ美容院で白髪染めしてもらうといいと思います。塗る時間も10分程度で終わりますので、入店から退店までで1時間で終わると思います。料金も3,000円以内で収まることがほとんどなので、美容院でヘアマニキュアで白髪染めをしている方は、美容師に相談してみてはいかがでしょうか。

2 白髪隠しを使ってカバーをする

スティックタイプの白髪隠しがあるのご存知ですか?自宅で根本や分け目の白髪を簡単にカバーできます。急な用事の際にも、気になる根本の白髪を一瞬にして染めることができますので、白髪が多くて分け目や生え際の白髪がすぐに気になる方にはおすすめです。

3 美容院で使っている薬を分けてもらう

美容院で白髪染めをしている人は、使っているお薬を根本と生え際の白髪カバーように、美容院にもらうこともおすすめです。市販の白髪染めヘアカラーを使ってしまうと色も統一感がなく髪の毛も痛みやすいです。

実際に使っているお薬を分けてもらいますので髪色もムラムラにならず、根本と生え際だけならほとんど髪の痛みも感じないと思います。美容院で白髪染めをしている方はいちど美容師さんにご相談ください。

4 分け目や生え際の白髪が気にならない髪型にする

分け目や生え際の白髪が気になる人は、美容師さんに髪型を相談してみてください。ちょっとしたアレンジで根元や生え際の白髪も気にならなくなるかもしれません。髪型をちょっと変えることでも白髪が目立たなくなりますよ。

白髪染めの頻度が多い人に気を付けて欲しい事

fghf

白髪染めの頻度が多い人はシャンプーやトリートメント、頭皮ケアにも気をつけてください。

白髪染めを多くしていると頭皮が乾燥して老化しやすいと言われています。その上洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗ってしまうと、さらに頭皮が乾燥し、抜け毛や薄毛の症状が進行してしまいます。シャンプーは頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーを使い、シャンプーの後には頭皮を保湿する頭皮用美容液や化粧水、育毛剤などで頭皮ケアをしましょう。

白髪染めの頻度が多い人はシャンプーに気をつけることと、頭皮用化粧水や育毛剤を絶対につけたほうがいいですよ。繰り返し白髪染めをしていると必ず髪も細くなりやすいので、ちゃんと頭皮ケアをしましょう。

※関連記事

白髪染めをしている男性にオススメの育毛剤ランキング!頭皮の老化を改善

白髪染めしている女性にオススメの保湿効果の高い育毛剤!頭皮の乾燥対策

頭皮用美容液(化粧水)人気ランキング!美容室おすすめの頭皮の乾燥対策

2017年おすすめ女性用育毛剤口コミ人気ランキング!効果的な育毛剤の選び方

2017年おすすめ!市販で人気の男性用育毛剤口コミ比較ランキング10

自宅で出来る白髪染めの種類

※関連記事

髪を傷めない市販の白髪染めカラーとは

市販の白髪染めヘアカラーの種類!メリットとデメリット

nukege

自宅でできる白髪染めの種類も紹介しておきます。それぞれに特徴がありますので、目的に応じた白髪染めヘアカラーをご使用下さい。

1 白髪染めヘアカラートリートメント

fgjhgfキャプチャ

白髪染めヘアカラートリートメントは、ヘアトリートメントするだけで、手軽に白髪部分の髪を染めることが出来る方法になります。傷んだ髪を補修しながら髪に色を入れていきますので、髪に優しく補修効果で潤いを保つことが出来るのも魅力です。

また、頭皮を刺激せずに髪を染めることが出来るので、頭皮が敏感な方にも良いですね。使い方は、白髪染めヘアトリートメントを髪に適量塗り、規定の時間を置いて洗い流すだけですので、忙しい方や美容院代を節約したい方にもおすすめです。

※関連記事

市販の白髪染めトリートメント人気ランキング11!美容院スタッフもおすすめ

部分白髪染めセルフカラーに最適!市販のヘアカラートリートメントベスト7

2 白髪染めヘアカラーシャンプー

hjhgjg

白髪染めヘアカラーシャンプーとは、シャンプーをしながら髪に色を乗せていくタイプのシャンプーです。毎日のシャンプーを変えるだけで白髪染めをすることができる上、一般的な白髪染めのような刺激は全くないので、手軽に使えるのが特徴。

また、髪の中に色素を入れるものではなく、髪の表面に色素を徐々に付着させるものなので、いきなり髪の色が変わらず、見た目の印象が自然な感じに仕上がります。長い間白髪染めをすることが煩わしい方には特におすすめのヘアカラーリングの方法です。

※関連記事

市販の白髪染めシャンプーランキング!美容師おすすめ最新情報

3 白髪染め泡カラー

turtu

泡タイプの白髪染めは扱いやすいので、自分で染める人に人気があります。

ボトルを押すと泡になって出てきます。最初は柔らかい泡ですが、揉み込むうちにテクスチャが硬くなり、髪にもっちりと吸着します。なので染めるのが難しい後ろの内側も、ムラなく染めることが可能です。放置している間に泡が垂れてくることもありません。

泡タイプの白髪染めは髪の毛へのダメージが大きいものが多いので、放置時間はしっかり守り、流した後はトリートメントで髪をいたわるようにしましょう。最近では泡タイプの白髪染めでブリーチ効果のない、髪の毛にダメージの出ないヘアカラーもあります。参考にしてみてください。

※関連記事

白髪染め泡タイプの人気ランキング!セルフカラーに使える美容師おすすめベスト5

4 白髪染め白髪隠し

んgfn

スティックタイプや筆のようなタイプで、簡単に根本の白髪や生え際の白髪をカバーできる商品です。商品によっては徐々に白髪が染まっていく商品もあり、根元や生え際の白髪が気になる男性や女性に人気があります。急なお出かけの際にも使えるので白髪の多い方は1つ持っておくと便利だと思います。

※関連記事

美容師おすすめ白髪隠し!簡単に使える人気商品

美容師が自宅で行う白髪染めをおすすめしない理由

ujhtruy5r

白髪染めや白髪隠しは自分でやるにはかなり難しく、高度なテクニックが必要です。

美容室・美容院では、ヘアカラーの技術を持つプロが地肌の質や生え際、髪質を見極めながら、染料を選んで下地処理をして、一番気になる生え際部分やつむじ部分を丹念に染めていきますが、自分でやるとなると、合わせ鏡をしながら白髪染めをするため、そうしてもヘアカラーのむらが出てしまい。生え際に染料が入っていかないということがあります。

また、繰り返し染めていると、地肌や髪にダメージが蓄積し色落ちしたり、抜け毛の元になります。自分で白髪染めをする場合は、地肌のトリートメントをきちんとしてから、保湿を心がけ継続的にケアすることが大事です。ドラッグストアなどで販売されている泡の白髪染めも大変強いお薬なので注意してください。

まとめ

白髪染めの頻度ですが、出来る限り期間を空けた方が頭皮に負担が少なくなるということを覚えておいてください。どうしても気になる分け目や生え際の白髪は、頭皮に負担の少ない白髪隠しや白髪染めヘアトリートメント、白髪染め泡カラーなどを利用して、うまくカバーすることをおすすめします。

hfghCRI_IMG_6106

本当は美容院で使用している白髪染めヘアカラーを分けてもらう方法が、髪色も同じになるので最も便利だと思いますよ。行きつけの美容室がある際は美容師さんに相談してみて下さい。

以上、(美容院の白髪染めの頻度はどれぐらいがおすすめ!美容師がお答えいたします。)でした。



The following two tabs change content below.
一条 隼人

一条 隼人

40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛の研究に没頭中です。女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です