白髪が増える原因

白髪染めの全種類を比較!推奨される頻度と選び方・正しい使い方

一口に「白髪染め」といっても、その種類は実に様々です。白髪染めを選ぶなら、自分の生活スタイルやどの程度白髪をケアできるものがいいのかなど、自分に合うものを見つけることが大切です。

こちらでは、白髪染めの種類についての説明や、実際に使用するにあたり気を付けるべきポイントなどを比較してわかりやすくご紹介します。

 

特に白髪染めを自宅でする場合は使用頻度に注意しましょう。

中には使用するたびに髪の毛を痛めてしまう白髪染めもございます。

正しい使い方を実践して、髪の毛を傷めないようにしてくださいね。

※年齢別にオススメの白髪染めをご紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

40代50代以上の女性におすすめ!市販の白髪染めランキング10選

 

目次

白髪染を比較!種類は大きく分けて4つ

白髪染めは大きくわけて4つの種類があり、髪の染まり具合や色持ち、使われている成分などに違いがあります。

自分に合う商品を探すためには、まずそれぞれの種類の特徴を知っておきましょう。

※関連記事

白髪染めの最適な頻度とは?男女別・年代別に紹介

自宅で使える白髪染めヘアカラーの種類を比較!使用頻度に注意

市販の白髪染め!種類別に違う白髪が染まる仕組み

市販の白髪染めヘアカラーの種類!メリットとデメリット

 

ヘアカラー

ヘアカラーは「酸化染毛剤」という分類になります。

髪の毛を黒くしているメラニン色素を分解し、髪の毛の色を脱色させると同時に、髪の内部に染料を浸透させて色を染めます。

元々の髪の毛の色を脱色させて色を入れるので、明るめの色もきれいに染めることができます。

 

※関連記事

白髪染めの塗り方!きれいに早く染まる美容師お勧めのコツ

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは「酸性染毛料」という分類になります。

髪の毛のメラニン色素は脱色せず、染料を元々の髪の色の上から定着させていきます。

白髪のような色が抜けてしまった髪は自然に染まりますが、黒い髪はほんのり色が変わる程度で、大きな色の変化はあまりありません。

 

※関連記事

白髪染めとヘアマニキュアの違いとは?
市販の白髪染めヘアマニキュア美容師オススメランキング!
市販のヘアマニキュアで白髪染めをする時のメリットとデメリット!

 

カラートリートメント&白髪染めシャンプー

カラートリートメントや白髪染めシャンプーは、髪の毛の表面に染料を着色させるものです。

髪の毛の内部にまで染料を浸透させないため、色持ちは良くありませんが、髪への負担もありません。

シャンプーやトリートメント剤の代わりに使うことで徐々に色づき、継続使用で色抜けを防ぎます。

 

※関連記事

カラートリートメント白髪染め比較ランキング!2017年最新
白髪染めトリートメント美容師おすすめの使い方!裏技の紹介
市販の人気白髪染めトリートメントを徹底比較!口コミオススメランキング【2018年最新】
市販の白髪染めシャンプーランキング!美容師おすすめ最新情報

 

一時染め

「白髪隠し」と呼ばれている、一時的に白髪を隠すためのものです。

ファンデーションタイプやマスカラタイプ、スティックタイプなど色々ありますが、どれも「お出かけ時のみ白髪を一時的に隠す」という、いわば化粧品のような目的で使用されるものなので、髪を洗うとすぐに落ちます。

 

※関連記事

美容師おすすめ白髪隠し!簡単に使える人気商品

 

白髪がしっかり染まる定番【ヘアカラー】

強めの薬剤を使い、髪の内部まで色素を浸透させるのがヘアカラーです。効果が高い反面、頭皮や髪への負担も大きめです。

 

メリット

ヘアカラーのメリットは、やはりその色持ちの良さ、発色の良さです。

元々の髪色を抜き、染料を入れるので、希望の色に近い状態にすることができます。

数か月以上、色持ちするため、永久染毛剤と呼ばれることもあります。

 

デメリット

デメリットは髪の毛へのダメージが大きいことです。

髪のキューティクルを薬剤で無理やり開かせ、隙間から染料を入れるというやり方なので、髪への負担がかなり大きく、人によっては髪がパサついたり、ツヤやハリがなくなってしまうこともあります。

 

使用頻度

使用頻度は1か月~数か月に一度程度です。明るい色に染めているほど、髪の毛が伸びてくると本来の髪色との境目が際立ってしまうため、髪の毛の伸びる早さによって使用頻度を調整しましょう。

 

基本的な使い方

1液と2液の2種類の薬剤を混ぜるタイプのものがヘアカラーです。

染める直前に2つの薬剤を混ぜ合わせ、髪の毛に満遍なく塗って指定時間放置したあと洗い流します。

2種類を混ぜたあとの薬剤はかならず1回で使い切ってください。混ぜる前の状態なら余った分は取っておけます。

 

髪と頭皮への負担が少ない【ヘアマニュキュア】

ヘアカラーほど強くない薬剤を使い、イオン結合で髪の表面に色素を定着させます。

ヘアカラーよりは色が持ちませんが、頭皮や髪への負担も少なくなります。

 

メリット

ヘアマニキュアのメリットは、ヘアカラーほど髪に負担をかけず髪色を染めることができるという点です。

商品によってはキューティクルを少し開かせて色素を浸透させるものもありますが、ほとんどの場合は外側からイオン結合で色素を定着させるだけなので、髪を傷めにくいのがメリットです。

 

デメリット

髪の表面に色素を乗せただけなので、毎日のシャンプーによって少しずつ色が抜けていきます。

洗浄力の強いシャンプーではさらに色落ちのスピードが速まるので、色持ちを良くするヘアカラー専用シャンプーなどを使うのがおすすめです。

 

使用頻度

2~3週間に一度程度です。

月に2~3回を目安にヘアマニキュアを使うと美しい状態を維持できます。

 

基本的な使い方

薬剤をそのままコームなどを使って髪の毛に満遍なく塗り、指定時間放置したあと洗い流します。

生え際や分け目など、特に気になる部分だけに集中的に使用することができ、余った分は取っておけます。

 

白髪染めと同時に艶を与える【カラートリートメント】

髪の毛を補修しながら白髪を徐々に染めていきます。数日~1週間ほどで色が抜けるので継続使用が必要です。

 

メリット

髪の表面に染料を乗せるタイプなので髪や頭皮へのダメージがありません。

トリートメント効果があるので、使えば髪の状態を良くしてツヤやハリを与えます。肌についても落ちやすいので、手軽に使うことができます。

 

デメリット

ヘアマニキュアよりもさらに色持ちが悪いのがデメリットです。

一度染めても毎日シャンプーをしていると3~4日で色落ちしてしまうため、白髪ケアとして取り入れるなら継続使用が前提の商品です。

 

使用頻度

4日~1週間に一度程度です。できるだけこまめに使用することで美しい髪色を維持できます。

 

基本的な使い方

トリートメントの代わりに使用します。少しずつ色が染まっていくので、初めて使う場合は3日~5日ほどは毎日使用してください。

白髪がきちんと染まったらあとは商品のおすすめ使用頻度に合わせて定期的に使用していきます。

生え際や分け目などの気になる部分だけ使用することもでき、余った分は取っておけます。

 

すぐに白髪を隠せる【一時染め】

1日だけ白髪を隠したい、というときに便利なのが一時染めです。

出かける直前や出先など、気になったらすぐに使うことができます。

 

メリット

鏡をみて「あ!」と気づいたときにすぐに隠せるのが最大のメリットです。

様々な形があるので自分の髪の状態や使いやすさに合わせて好みのものを購入し、ポーチに入れておくと便利です。

 

デメリット

デメリットはその時限りの白髪隠しなので、すぐに落ちてしまうという点です。

化粧品のようなものなので、出先で雨に降られたり汗をかいたりすると落ちてしまうこともあります。

 

使用頻度

気になったときに使えるので、お出かけのたびに使うという方や、ちょっとおしゃれしたいときだけ使うという方もいます。

 

基本的な使い方

気になる白髪部分に塗るだけです。

広範囲の白髪にはファンデーションタイプを、分け目や生え際部分の白髪には、ピンポイントで塗ることができるスティックタイプやマスカラタイプがおすすめです。

 

白髪染めを選ぶときのポイント

 

市販の白髪染めは様々なメーカーから数多く販売されているため、どれを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。

そんなときは、どんなことに気を付ればいいのか、選ぶポイントをご紹介します。

 

白髪の量

白髪が多いなら、髪の毛全体を染めることができるヘアカラーやヘアマニキュア、カラートリートメントがおすすめです。

逆に生え際や分け目など、数本だけしかないなら一時染めだけで対処するのもいいでしょう。

 

染まり具合

とにかくしっかり染めたいならヘアカラーが一番おすすめです。

元々の髪の色を脱色させて色を入れるので、明るめの色もきれいに入ります。白髪が目立たなくなればいい程度ならヘアマニキュアやカラートリートメントを定期的に使うことで髪色を維持できます。

ただし、ヘアマニキュアやカラートリートメントはヘアカラーほど明るい色には染まりにくい商品です。

 

配合成分

白髪染め商品によっては、価格を下げつつそれなりに色を染める効果を出すために、人体にとって刺激が強い成分を使用していることがあります。

パラゲニエンジアミン、アミノフェノール、過酸化水素などは刺激が強いので、皮膚が弱い人は使用すると頭皮に湿疹ができたり、痒みがでたりする反応が起こる恐れがあります。

 

最近は成分にこだわった商品も多く販売されてきており、染料も人工のものではなくクチナシやウコンを使っているなど、天然の成分もあります。

できるだけ天然由来の成分が配合されたもの選ぶことをおすすめします。

 

価格

白髪染めは染めた色が抜ける前に使用することで、白髪の目立ちにくい状態を維持することができます。

そのためには継続して使用する必要がありますが、あまり高額な商品だと金銭的に無理がでてしまったり、結局美容院で染めるのとあまり変わらない金額になってしまいます。

定期的に購入することを前提としながら、納得のいく価格で、自分なりに効果を実感できる商品を選ぶようにしましょう。

※関連記事

白髪染めの選び方!種類別の特徴と効果!口コミ人気ランキング

 

市販の白髪染めと美容室の白髪染めの違い

市販の薬剤を使ってセルフケアする場合と、美容室で白髪ケアをしてもらう場合とではどのような差があるのでしょうか。

両方のメリット・デメリットをご紹介します。

 

市販の白髪染のメリット

市販の白髪染めのメリットは、自宅で好きなときに白髪染めができるという点です。

忙しくて日中に美容室へ行く時間がない、またはいちいち予約をいれなければいけないのが面倒という方にとっては、自宅で手軽に白髪染めができる市販の商品は助かりますよね。

 

また、美容室へ行くよりもコストがかからないというのも大きなメリットです。

市販の白髪染めは千円以下で購入できるものも多く、美容院へいくよりもお安く白髪ケアができます。

 

市販の白髪染のデメリット

市販の白髪染めのデメリットは、仕上がりにプロとの差がでること、そして髪への負担が大きいことにあります。

一見きれいに染まったように見えても、見る人が見れば染めムラがあるときがあります。

後頭部や頭の側面などはよく見えない部分でもありますから、プロが染める美容室とは差がでてしまうんですね。

 

また、市販の薬剤は価格を抑えるために、少量でも効果も高い刺激が強めの成分を使っていることがあり、皮膚が弱い方が使用すると頭皮湿疹や痒みがでたり、髪がパサつく原因となります。

 

美容室の白髪染めのメリット

美容室で白髪を染めるメリットは、やはり仕上がりが美しいことです。髪を扱うプロがケアをするため、塗り漏れや色ムラなどがない均一で美しい色味となります。

また、美容室で使用している薬剤は美容室専門の高品質のものが多いので、髪色を美しく染めるだけでなく頭皮や髪への負担も市販のものより低くなります。

 

美容室の白髪染めのデメリット

美容室で白髪を染めるデメリットは、お金がかかってしまうことです。

市販の薬剤が1,000円前後から購入できるのに対し、白髪染めだけでも数千円必要ですし、美しい髪色を維持するためには1~2カ月に一度程度の頻度で定期的に通わなければいけません。

※関連記事

市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い

 

白髪染めを長持ちさせるためにできること

一度染めたらできるだけ色を長持ちさせたいですよね。白髪染めの効果を長持ちさせるために気を付けるべきポイントをご紹介します。

 

使用法を守る

一番大切なのは、取扱説明書をきちんと読んで使用法をしっかり守ることです。

商品の効果を最大限発揮させるために、どうすればいいのかを取扱説明書に記載しているため、書かれていることを守って使用しましょう。

間違った使用法は頭皮や髪トラブルの原因となります。

 

ケチらずたっぷり使う

もったいないからと少しずつ使っては効果がありません。

取扱説明書に記載されている目安量を守って、ケチらずたっぷりと使ってください。

 

染める時はラップやシャワーキャップを使う

白髪染めの薬剤を塗ったら、放置時間はラップやシャワーキャップで髪の毛全体を包んでおきましょう。

薬剤が垂れてくるのを防ぐことにもなりますし、保温効果で染料が髪にしっかりつきやすくなります。

 

ヘアカラー専用のシャンプーを使う

白髪染めを使ったあとは、ヘアカラー専用のシャンプーを使うようにしましょう。

ヘアカラー専用シャンプーは、染めた色が抜けるまでの時間をできるだけ遅くしてくれます。

 

 紫外線から髪を守る

白髪染めの染料は紫外線のダメージで色が落ちやすくなります。

外出時は日傘を差す、帽子をかぶるなど、紫外線ケアもしっかり行うようにしてください。




 

おすすめ白髪染めの紹介

ここからはタイプ別におすすめの商品を紹介していきます。

それぞれの特徴を一言ずつ紹介していますので、参考にしてみてください。

 

【ヘアカラー】3選

 

【ヘアマニュキュア】3選

 

【カラートリートメント】3選

 

【一時染め】3選

そもそもなぜ白髪が生えてくるのか

なぜ白髪が生えてしまうのか、その原因は人によって様々です。

遺伝や加齢など、本人ではどうにもならないこともあれば、ストレスや無理なダイエット、睡眠不足など、生活習慣に起因するものもあります。

最近白髪が増えたような気がする方、当てはまる原因はありませんか?

 

遺伝

白髪は頭皮にあるメラニン色素が不足することで起こります。

メラニン色素を作り出すのは頭皮にあるメラノサイトという細胞ですが、遺伝によってメラノサイトがきちんと働かないと白髪になります。

若いうちから白髪に悩む方の多くは、この遺伝によるものだと考えられています。

 

老化

加齢によって体内の細胞が老化すると、髪の毛を黒くするメラニン色素を生成するメラノサイト細胞の働きも低下していきます。

メラノサイトはチロシナーゼという酵素の働きによってメラニン色素を生成するのですが、加齢によってメラノサイト細胞が老化したり、チロシナーゼ酵素が減少したりして、白髪の発生につながります。

 

ストレス

髪の毛を黒く染めるメラニン色素を作り出すメラノサイト細胞は、神経細胞と同様、ストレスによって正常に働けなくなってしまうという性質を持っています。

強いストレスを何度も感じることで、メラノサイトの働きが悪くなり、メラニン色素を生成できなくなって、白髪の発生につながります。

 

ダイエット

無理なダイエットも白髪を増やす原因になります。

栄養不足や無理な運動、偏った食生活によるストレスや自律神経の乱れなど、様々な要因が重なると、メラノサイトが正常に働かなくなってしまいます。

 

睡眠不足

睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こします。

メラニン色素を生成するメラノサイト細胞は、とても繊細な細胞なので、自律神経の乱れの影響を受けてしまい、メラニン色素を作り出せなくなってしまいます。

※関連記事

頭が痒い時は白髪に注意?白髪が増える原因と対策!

 

日常でできる白髪予防法

 

これ以上白髪を増やさないために、日ごろから心がけておくことをご紹介します。

いきなり全てのことをやろうとするのは大変ですから、まずは自分のできることから始めてみてください。

 

紫外線対策から頭皮を守る

紫外線は肌だけでなく頭皮や髪の毛へもダメージを与えます。

ところが、肌に日焼け止めはしっかり塗っているものの、頭は無防備という方は意外と多いのです。

外出する際は日傘や帽子、スプレータイプの日焼け止めなどを使い、紫外線から頭皮を守るようにしましょう。

 

頭皮の血行を良くする

頭皮の血行が悪いと、健康な髪を生やすために必要な栄養が髪の毛を生み出す細胞まで届きません。

頭皮の栄養不足は薄毛、抜け毛の原因となるばかりでなく、白髪をも増やす原因となるのです。

 

生活習慣や食事の見直し

生活習慣や食生活の乱れは、自律神経の乱れを引き起こします。

メラニン色素を生成するメラノサイト細胞は自律神経の乱れの影響を受けやすいため、生活習慣や食生活を見直すことで自律神経の乱れを防ぎ、白髪の発生を予防します。

 

ストレスを避ける

ストレスによってメラノサイト細胞が正常な働きをしなくなると、メラニン色素が生成されず白髪が増えていきます。

できるだけストレスを避けて、メラニン色素生成が正常に行われるようにしましょう。

仕事など、ストレスの原因そのものをなくすことが難しい場合は、リラックスしてストレス発散ができる時間を作りましょう。

 

※白髪予防に関する関連記事です。

白髪対策におすすめのサプリメント!健康に白髪を減らす方法
白髪を減らす方法!白髪対策なら美容師にお任せください!
ブラックサプリメントが白髪に効く理由!口コミから効果を解析!
白髪を減らす方法にはサプリメント!20代の若い白髪に効果あり。

まとめ

 

白髪染めは自分に最適な商品を正しく使うことが大切

白髪染めの商品は多数ありますが、自分に合うものを見つけることが大切です。

白髪をどの程度染めたいのか、効果や価格はどうか、白髪染めのどこを重視するのかなど、白髪染めの種類の特徴をよく知ったうえで選びましょう。

さらに、白髪ができる原因を知り、白髪をできるだけ作らないよう予防するよう心掛けるようにしてください。

ABOUT ME
一条 隼人
一条 隼人
40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛、白髪対策や頭皮トラブル改善の研究に没頭中です。 女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 。 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です。 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型
あわせて読みたい