白髪染めアレルギー症状の心配がないヘアカラーとは?パッチテスト不要

ヘアカラーのアレルギー問題が最近話題となっています。白髪染めのお薬も、アレルギー症状があるので、自宅で染める際には注意が必要です。

ru5t6u

そこで今回は、白髪染めアレルギー症状の心配がいらないヘアカラーを紹介します。美容院でヘアカラーや白髪染めをする際にはパッチテストを行っていますが、自宅で白髪染めをする際にはパッチテストなどを行う人は少ないと思います。

今回ご紹介する白髪染めはパッチテストの必要がない、アレルギー症状の心配がいらない白髪染めの紹介です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パッチテストとは

パッチテストとは皮膚アレルギーを行う試験のようなものです。ヘアカラーを使ったときにアレルギー症状が出るかを、ヘアカラーをする前に確認する方法です。

パッチテストはヘアカラーをする前に毎回必ずしなくてはいけないのがルールになっており、美容院でもヘアカラーの前には必ず行わないといけません。

jytjuyt

パッチテストのやり方

パッチテストのやり方は、ヘアカラー剤の1剤と2剤を混ぜた薬を腕の内側に薄く塗り、48時間時間を置きます。アレルギー症状が出ないことを確認した後にヘアカラーをしてください。

もしパッチテスト中、湿疹やかゆみ、アレルギー症状が出た場合は速やかに洗い流し、ヘアカラーはしないようにしてください。アレルギーの症状がひどい場合は皮膚科等での診断がオススメです。

アレルギー症状の心配がいらない白髪染めヘアカラー

パッチテストをしなくても良い、アレルギー症状の心配がいらない白髪染めヘアカラーを紹介しておきます。

1 白髪染めヘアカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメントはパッチテストをしなくても使える白髪染めヘアカラーです。国の指定するアレルギー成分が入っていませんので敏感肌の人にも安心して使用できます。

※参考記事

ヘアカラートリートメントの口コミランキング!白髪染めにおすすめ

トリートメントカラーで白髪カバー!早く染まる効果的なやり方5つ

2 白髪染めヘアカラーシャンプー

白髪染めのヘアカラーシャンプーにも、アレルギーになる可能性のある成分が入っていませんので、パッチテストは必要ありません。

※参考記事

市販の白髪染めシャンプーランキング!美容師おすすめ最新情報



3 ヘナカラー

ヘナカラーは注意が必要です。ヘナカラーと言う名前でも、100%天然成分のヘナカラー

の場合もありますし、パッチテストが必要なヘアカラー剤が含まれているヘナカラーもあります。

見分け方としては、しっかりと色が早く染まるヘナカラーの場合はパッチテストが必要なヘナカラーの場合が多いです。

なかなか白髪などが染まらないヘナカラーの場合は、100%天然成分のヘナカラーの場合が多いです。使用上の注意をしっかりチェックして、パッチテストが必要であるか確認してください。

※参考記事

市販のヘナカラー!自分の白髪の染め方!髪を傷めないヘナカラーの使い方

4 ヘアマニキュア

美容院で行うヘアマニキュアもパッチテストは要らないアレルギーの心配のいらないヘアカラーです。髪の毛を痛めることもなく白髪をカバーできるので髪の毛に優しいヘアカラーです。

まとめ

アレルギー症状の心配がいらない白髪染めヘアカラーとは、パッチテストの必要のない白髪染めヘアカラーのことです。

fgghf

使用する際の注意欄にパッチテストが必要と書いてある商品は、アレルギーの心配のある白髪染めヘアカラーです。アレルギーの心配な方は今回ご紹介した商品を参考にしてみてください。

以上、(白髪染めアレルギー症状の心配がいらないヘアカラーとは?)でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です