白髪対策

白髪染めセルフリタッチカラーに使える美容師おすすめアイテム

(このページは2018年4月22に更新しました。)

白髪染めは美容院を利用しているけれども、白髪染めリタッチは自宅でしているって言う人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する商品は白髪染めセルフリタッチに使える、美容師おすすめのアイテムです。

 

白髪染めをして3週間ぐらいから気になる、白髪染めセルフリタッチカラーにも使えるおすすめアイテムなので、根本や生え際、分け目の白髪が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

※関連記事

【徹底比較】市販の白髪染めトリートメントランキング19選!正しい選び方と使い方

簡単に使える市販の白髪染めランキング20!不器用な人必見

人気の白髪染めカラー美容師おすすめベスト10本!タイプ別の選び方

 

白髪染めリタッチカラーとは

ru5t6u

白髪染めリタッチカラーとは、新しく生えてきた白髪だけを染める白髪染めの事を言います。新しく生えてきた白髪以外の髪の毛は染めませんので、髪の毛が傷みにくいヘアカラー方法です。

 

新しく生えてきた白髪以外の髪の毛がキレイなヘアカラーの場合は、ヘアカラー剤を髪の毛につけない方が髪の毛は痛みませんので、定期的に白髪染めされる方には白髪染めリタッチカラーをおすすめしています。

 

白髪染めリタッチカラーとは、新しく生えてきた白髪だけを染める方法です

 

 

白髪染めセルフリタッチカラーの際に気をつけてほしいこと

白髪染めセルフリタッチカラーの際に気をつけてほしいことは、白髪染めのヘアカラー剤をむやみに他の髪に延ばさない事です。

 

 

なんとなく薬を伸ばしたほうが、きれいに白髪も染まると思っている人も多いそうですが、白髪染めのヘアカラー剤はブリーチ力があり、髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

 

染める必要ない髪の毛にヘアカラー剤がついてしまうと、髪の毛を痛めてしまい、すぐにヘアカラーが落ちる髪の状態となります。白髪染めリタッチカラーをする際には、新しく生えてきた白髪だけに薬を付けて、他の髪の毛には薬がつかないように注意しましょう。

 

 

美容師おすすめ!白髪染めセルフリタッチカラーにも使えるアイテム

 

 

1 泡の白髪染め

泡で染めるタイプの白髪染めヘアカラーです。新しく生えてきた白髪だけに泡の薬をつけて、時間が来たらクシなどで髪をとかさずに、そのまますぐに流すことで髪の毛を痛めずに白髪染めリタッチカラーが行えます。

 

※ 美容師おすすめ泡の白髪染めヘアカラー



クロエベール_濃色うるツヤ手触り

※関連記事

人気爆発!泡の白髪染めトリートメント【キラリ】!口コミがいい理由

 

%e3%81%84%ef%bd%8b%ef%bd%99%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

※公式サイト 泡で白髪を染めるヘアカラー

 

 

2 ヘアカラートリートメント

白髪染めリタッチカラーに特化したヘアカラートリートメントも販売されています。一般的に販売されている市販のヘアカラートリートメントよりも、白髪染めリタッチカラーがしやすいように、硬い形状に作られているヘアカラートリートメントです。

 

 

根元や生え際、分け目などの部分白髪染めセルフリタッチカラーにも使えるヘアカラートリートメントです。10分でしっかりと白髪に色が染まるのでおすすめです。

【※おすすめヘアカラートリートメント LPLP】

ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

※関連記事

ルプルプ白髪染めカラートリートメントを最安値で買う方法

ルプルプヘアカラートリートメントで白髪が染まらない6つの原因と早く染まる方法

 

【※5分で白髪が染まる高級なヘアカラートリートメント】

※関連記事

白髪染めカラートリートメント!ポーラのグローイングショットが人気の理由

POLA【グローイングショット】カラートリートメント!人気ヘアカラートリートメントの口コミ

 

【※日本で最も売れている利尻白髪染めトリートメント】

※関連記事

口コミ人気1位!利尻ヘアカラートリートメントの使い方!すぐ染まる方法

利尻ヘアカラートリートメントで白髪が染まらない時の対処法

人気の白髪染めヘアカラートリートメントの比較!ルプルプと利尻どっちがいいの?

 

3 ヘアスプレー

ヘアカラースプレーは急な用事の時に、分け目やつむじの白髪などを簡単に隠せるアイテムなので、一本用意しておくと便利です。シャンプーをするとすぐに落とすことができますので、髪に色が残る心配もいりません。

 

 

ヘアカラースプレーはその日だけ白髪染を隠す事のできる、白髪染めリタッチカラーとしておすすめです。

※参考 白髪染めヘアカラースプレー 綺麗に隠せる

 

 

4ブラシタイプの白髪隠し

こちらのブラシタイプの白髪隠しも急な用事の時に便利でおすすめです。ブラシで塗れる白髪隠しで、生え際や分け目のリタッチに最適です。シャンプーで落ちるタイプの白髪隠しなので一つ持っておくと安心です。美容院でも人気のブラシタイプの白髪隠しです。

※「POLA」が開発した大人気のブラシタイプの白髪隠し

「POLA」グローイングショット カラークイック ブラシ

gjfghgf

公式サイト グローイングショット カラークイック ブラシ

ポーラが開発した手と頭皮を汚さないで簡単に白髪をカバーできる、コーム型のブラシを使って染める白髪隠しです。片手で簡単に気になる白髪をすぐ隠すことができるので、白髪隠しの中でも最も使いやすい商品です。生え際の気になる白髪もしっかりと簡単に隠すことができますよ。

※関連記事

グローイングショット カラークイックブラシを使った白髪隠しのやり方

 

【利尻白髪隠し】

公式サイト [無添加]利尻白髪かくし/初回限定1000円OFF

生え際や分け目の白髪にサッと塗って使える、タッチペン(筆)タイプの無添加ノンシリコーン、潤い成分の天然利尻昆布エキス配合の白髪かくしです

※関連記事

利尻白髪隠しの使い方!きれいに染まる白髪染めのやり方

 

白髪染めリタッチカラーを選ぶ時のポイント

失敗しない、美容師がオススメする選び方のポイントです。

 

1 髪色よりもちょっと暗めの色を選ぶ

リタッチカラーを選ぶときは髪色よりも少し暗めの色を選びましょう。

髪色と同じ色や少し明るめの色を選んでしまうと、違和感のある逆プリンになってしまいます。

 

髪色を自然に見せるためには根元を暗く、毛先は明るくが基本です。

根元のリタッチカラーは髪色よりも少し暗めの色を選びましょう。

 

2 髪の毛を傷めないヘアカラーがオススメ

リタッチカラーにも、髪の毛を痛まないヘアカラーオススメです。

ブリーチ効果のある髪の毛を脱色して白髪を染めるお薬は、きれいに白髪が染まりますが、セルフカラーを行うとどうしても髪の毛が痛んでしまいます。

セルフで白髪のリタッチカラーをする方には、髪の毛が痛まないヘアカラーをおすすめします。

 

3 白髪の多い人は泡タイプがオススメ

白髪の多い人は白髪が素早く染まる泡タイプがオススメです。

トリートメントタイプは白髪を染めるのに時間がかかりますが、泡タイプは浸透性が高いので、早くしっかりと白髪が染まります。

白髪染めトリートメントを使ってリタッチカラーをして、きれいに染まらない人も泡タイプをお試しください。

 

4 急なお出かけ対策には白髪隠しがオススメ

急なお出かけの際に根元の白髪って気になりますよね。

そんな突然の白髪対策としてオススメなのが白髪隠しです。

 

白髪隠しはリタッチカラー専用に作られたアイテムなので、不器用な方でも根元の白髪を素早く隠すことができますよ。

最近では少しずつ白髪が染まっていく白髪隠しもありますので、急なお出かけ対策にも1本持っておくといいと思います。

 

※関連記事

根元の白髪対策にオススメの白髪隠し人気ベスト6選を徹底比較!選び方のコツ

美容師おすすめ市販の白髪隠しの種類!簡単に使える人気商品

 

全体染めをする時の目安

※関連記事

正しい全体白髪染めの頻度!男女別・年代別に紹介

ここまではリタッチカラーについてご紹介してきました。

リタッチカラーは髪の毛を傷めない塗り方ですが、ときには全体染めをした方が良い時もあります。

どんな時に全体染めをした方が良いのでしょうか?

全体染めをする時の目安もご紹介しておきますね。

 

1 髪色がムラムラになったとき

髪色がムラムラで修正したい場合には全体染めがオススメです。

また毛先が明るいなど、部分的に明るい所が気になる場合も全体染めをする時です。

 

2 髪色を暗くしたいとき

全体の髪色を暗くしたい場合は全体染めをオススメします。

シャンプーを繰り返しているうちに少しずつ髪色が明るくなりますので、現在より暗くしたい方や、季節や生活の変化などにより、今よりも髪色を黒くしたい方にも全体染めをオススメします。

 

3 髪の毛にツヤを出したいとき

全体染めをすると髪にツヤが出るメリットがあります。

髪の毛がパサパサして見える人は、全体染めをしても良いタイミングだと思います。

 

などが、全体染めをしても良いタイミングのポイントです。

 

逆にリタッチカラーをした方が良い場合はこちらです。

リタッチカラーをした方が良い場合

1 根元の白髪だけが気になる時

根本の白髪だけが気になる時はリタッチカラーで充分です。

全体染めをしてしまうと、今の髪色が変わってしまう危険性がありますので注意してください。

 

2 髪色が気にいっている場合

今の髪色が気に入っている場合もリタッチカラーで対処しましょう。

白髪染めをした時は少し黒く感じていて、シャンプーを繰り返すうちに自分の好みの髪色になる場合もあります。

 

そんな時も全体染めはせずにリタッチカラーで充分ですよ。

髪の毛も痛みませんのでリタッチカラーで対処しましょう。

 

3 前回に全体染めをした人

前回のヘアカラーの際に全体染めをした人は、今回はリタッチカラーで対処しましょう。

髪色が明るくなりすぎている場合は、全体染めも仕方ありませんが、全体染めの頻度が多いと髪の毛にダメージが出やすいです。

 

できれば全体染めをした次のヘアカラーはリタッチカラーで対処した方が、髪の毛のダメージを防ぐことができます。

繰り返し全体染めをする事は避けたほうがいいです。

 

セルフリタッチカラーの頻度について

白髪の多い方は3週間でリタッチカラーをすると、他人から見られた時も安心です。

白髪の少ない方は1ヵ月に1度で充分だと思います。

 

髪の毛の痛むヘアカラー剤を使ってセルフリタッチカラーをする場合は、頻度に注意が必要です。

ブリーチ効果のある脱色して白髪を染めるヘアカラー剤は、頭皮にも負担がかかり、リタッチカラーの頻度が多いと薄毛の原因にもなります。

ブリーチ効果のある白髪染めヘアカラーを使ってリタッチカラーをしている方は、特に頻度に注意してください。

※関連記事

白髪染めの頻度はどれぐらいがおすすめ!美容師がお答えいたします。

白髪染めの全種類を比較!推奨される頻度と選び方・正しい使い方

 

まとめ

美容師おすすめの白髪染めセルフリタッチカラー方法は、根本の白髪だけに薬をつける方法です。

jgy

 

白髪の染まっている髪の毛にお薬をつけてしまうと、髪にダメージが出てさらに色も暗くなり過ぎる危険性がありますので、注意してください。白髪染めなどでわからない事は、気軽に美容師さんに聞きましょう。

 

 

以上、(白髪染めセルフリタッチにも使える美容師おすすめアイテム)でした。

※関連記事

白髪染め泡タイプ(ムース)の選び方と使い方!口コミ人気ランキング7選

市販の白髪染めシャンプーおすすめランキング!口コミで評判の8選

市販の白髪染めヘアマニキュア美容師オススメランキング7選!【最新】

市販の白髪染めカラー!白髪が染まる仕組み

髪を傷めない市販の白髪染めカラーとは

市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い

白髪染めをする間隔を延ばす方法

白髪染めをする間隔を延ばす方法!パート2

白髪染めしない生き方を選んだ人にオススメの髪型10選

人気の白髪染めトリートメント10選を徹底比較!【美容師おすすめ】

髪が傷まない市販の白髪染め人気ランキング!髪が傷まないヘアカラー剤の種類

白髪染めでアッシュにできる市販のヘアカラー9選!【色の違いを写真で解説】

白髪染め質問あるあるのまとめ!染まらないのは使い方が間違っているかも?

白髪染めをしている男性にオススメの育毛剤ランキング

白髪染めしている女性にオススメの女性用育毛剤

頭が痒い症状と白髪の関係?白髪が増える原因と対策

白髪を減らす方法

白髪をなくすサプリメント!健康に白髪を減らす方法

ABOUT ME
一条 隼人
一条 隼人
40歳を過ぎたベテラン美容師「一条 隼人 」です。お客様の髪の毛を守るために抜け毛や薄毛、白髪対策や頭皮トラブル改善の研究に没頭中です。 女性の薄毛や男性のAGAのことなら何でもお任せ下さい。全国にいる仲間からの情報で全て解決いたしますよ 。 趣味:仕事が趣味です。カットが得意です。 好きな食べ物:サラダとビール 座右の銘:疲れた時は早く寝る 血液型:A型
あわせて読みたい