市販の白髪染め人気ランキング!髪が傷まないカラー剤とは

市販の白髪染めを選ぶ上で、髪へのダメージを心配をする人は多いはずです。

今回はダメージの少ない市販で人気の白髪染めのランキングをご紹介します。

今回のランキングは、白髪染めの中でも酸化染毛剤と呼ばれる脱色効果のある白髪染めの種類です。

ドラッグストアなどでも最も売れている市販の白髪染めなので、セルフカラーで使っている人も多いと思います。

今回のランキングも実際に美容師が使ってみて投票により選んだ人気のランキングです。

白髪染めを選ぶときに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販の白髪染め人気ランキング

ランキング1位 ダリヤ サロンドプロワンプッシュクリームヘアカラー

楽天

アマゾン

ダリヤ サロンドプロワンプッシュクリーム

人気ランキング1位には「ダリヤ サロンドプロワンプッシュクリームヘアカラー」が選ばれました。

この商品は植物性プロテインをはじめ、ツバキオイルやロイヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲンといった髪を補修・ケアしてくれる成分が豊富に含まれているのが特徴です。

仕上がりの髪の手触りが最も良かったので今回ランキング1位に選ばれました。

クリームタイプですので伸びが良く、細かいところも上手に塗ることができます。

ありがちな1剤と2剤を混ぜる手間もなく、ボトルをプッシュするだけで簡単に染められるのも魅力です。

サンプルに近い色に仕上がるとして評判が良く、イメージ通りに染められる白髪染めですから、自宅でもキレイな染め上がりを楽しめることでしょう。

ランキング2位 ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム

楽天

アマゾン

ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム

「ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム」もおすすめの白髪染めです。

潤い成分の海洋コラーゲンをはじめ、毛髪を保護してくれる機能性アミノ酸、そしてグレープシード・ユーカリ・月見草といったオイル類を配合しているのが特徴です。

髪を艶やかに見せてくれながら、ダメージケアも同時に行うことができます。

こちらもクリームタイプ且つワンプッシュで使えますので、手軽に白髪染めができます。

価格も比較的安めとなっていますからコストパフォーマンスも高いと言えるでしょう。

美容師が使ってみても髪の手触りが良く、白髪染めカラーとしても高い品質を確認できました。

ランキング3位 サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー

楽天

アマゾン

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー

続いてご紹介するのは、「サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー」です。

椿オイルをはじめ、ローズヒップオイルやパールエキス、サンザシエキス・ローヤルゼリーエキス・海藻エキスといった毛髪保護及び補修成分を配合しています。

これらのトリートメント成分によって、自然なツヤのある白髪染めができます。

ワンプッシュタイプで使い勝手も抜群です。

他と比べるとやや高めですが、贅沢なトリートメント成分によるヘアケアができますので、使ってみる価値はあると言えるでしょう。

ランキング4位 花王 ブローネ ワンプッシュカラー

楽天

アマゾン

花王 ブローネ ワンプッシュカラー

「花王 ブローネワンプッシュカラー」も優秀な白髪染めです。

ローヤルゼリーエキスとカモミールエキスが含まれていますので、髪のダメージを減らしつつ髪を染めることができます。

そして特徴として、柔らかい素材のブラシコームが付属することです。

頭皮にフィットしやすいブラシですので、細かいところもしっかりと染めることが可能です。

根本からキレイに染められますから、短い白髪や部分染めをしたい時にもおすすめです。

もちろん全体染めも可能ですので、ロングヘアーの人にもショートヘアーの人にもマッチする白髪染めです。

※酸化染毛剤の白髪染めカラーは脱色効果のある白髪染めカラーです。

塗り方を間違えると髪の毛や頭皮にダメージが出る場合もありますので、使い方にはご注意をお願いいたします。

髪が傷まない市販のカラー剤とは?

髪が痛まない美容師おすすめの市販のカラー剤もご紹介しておきます。

どの商品も脱色する効果がありませんので、自毛を明るくすることができません。

自毛を明るく染めたい場合は脱色効果のあるカラー剤をお選びください。

・ ヘナ

楽天 ナイアード ヘナ 木藍 (モクラン) 400g  白髪染め ヘナカラー naiad 【100g×4個】

アマゾン ヘナ

ヘナとは植物の葉を乾燥させてすりつぶした粉状の商品です。

昔から薬草として使われていて、髪の毛を染める効果があるのでヘアカラー剤としても使われています。

ヘナは主に白髪染めカラーとして使われる場合が多いです。

髪の毛を染める効果としてはうっすらと白髪に色が入る程度なので、繰り返し使う必要があります。

※関連記事

市販のヘナカラー!自分の白髪の染め方!髪を傷めないヘナカラーの使い方

・マニックパニック

楽天 【宅配便】マニックパニックジャパン マニックパニック 118ml

アマゾン マニックパニック

海外アーティストが多く使っていて、日本でも爆発的に人気が出たヘアカラー剤です。

マニックパニックの特徴はビビットなヘアカラーが実現できるところです。

最初に脱色をしておく必要がありますが、マニックパニック自体はトリートメント成分でできていますので髪の毛にダメージが出ません。

赤色や青色、緑色や紫色など原色のヘアカラーができる特徴がマニックパニックにはあります。

・ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントも髪の毛を脱色する効果がないので、髪が痛まない市販のカラー剤として人気があります。

ヘアカラートリートメントは主に白髪染めに利用され、白髪染めトリートメントとも呼ばれています。

トリートメントをしながら白髪を染めることができるので、自宅でできる白髪染めとして多く利用されています。

※関連記事

市販の白髪染めトリートメント人気ランキング11!美容院スタッフもおすすめ

・ヘアマニキュア

楽天 エントリーでポイント3倍 ホーユー グラマージュ ヘアマニキュア 150g

アマゾン ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは主に美容院で行うヘアカラーのメニューです。

髪の表面に色素をコーティングして髪の毛を染めることができるので、髪の毛にツヤを出す効果があります。

最近では美容院で行う白髪染めに多く利用され、髪の毛を痛めたくない人に人気があります。

※関連記事

白髪染めとヘアマニキュアの違いとは?

まとめ

市販の白髪染めカラーには多くの種類がありますのでご使用の際には注意が必要です。

髪が痛まない白髪染めカラーもたくさん発売されています。

繰り返し白髪染めをする場合には髪が痛まない白髪染めカラーがオススメですよ。

白髪染めに関してのご質問は気軽に美容師にご相談ください。

以上、(市販の白髪染め人気ランキング!髪が傷まないカラー剤とは)でした。



※関連記事

市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い

男性用白髪染めヘアカラーランキング!自宅で簡単にできる

白髪染めアレルギー症状の心配がないヘアカラーとは?パッチテスト不要

ヘアカラートリートメントの口コミランキング!白髪染めにおすすめ

市販の白髪染めカラーのデメリットとは!美容院の白髪染めとの違い

白髪染めリタッチカラーに使える美容師おすすめアイテムの紹介。

部分白髪染めセルフカラーに最適!市販のヘアカラートリートメントベスト7

美容院の白髪染めの頻度はどれぐらいがおすすめ!美容師がお答えいたします。

白髪染めをしている男性にオススメの育毛剤ランキング!頭皮の老化を改善

白髪染めしている女性にオススメの保湿効果の高い育毛剤!頭皮の乾燥対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です